たびんちゅ式英会話~英語で旅をアップデートせよ!~

海外旅行をベースに日常英会話からビジネス英語まで、英語のスキルアップを目指していきます!

外から考えた日本

 

 ご存知の通り、「日本」という国は、

 

 とても有名な国です。

 

 皆さんがこれから訪れるであろう国の

 

 ほとんどの人たちは

 

 日本という国を

 

 すでに知っていると思います。

 

 先進国のグループに位置付けられる

 

 日本に対して、

 

 興味を持っている外国人は多いです。

 

 

 僕はこれまで、

 

 15カ国20都市

 

 を訪れたことがあります。

 

 

 それぞれの地域でいろんな国

 

 違った環境で育った人と会ってきました。

 

 

 特に、フィリピン

 

 3度の渡航経験があり、

 

 最大で3か月滞在したことがあるので

 

 いろんな人と話すことがありました。

 

 

 また、先進国であれば

 

 アメリに1か月間親戚の家に

 

 居候をしていました。

 

 

 親戚は、生まれこそ沖縄ですが、

 

 育ちはフィリピン

 

 

 成人してからはアメリカに在住しているので

 

 ルーツである日本に関してはとても興味津々で

 

 毎日僕にいろんな質問を投げかけてきました。

 

 

 そのような経験から、

 

 日本人としての僕に対して、

 

 海外の人が投げかけてきた

 

 日本の疑問質問を思い出しながら、

 

 海外の人がどんなことに興味があるのか、

 

 そしてそこから気づいた日本の良さと失望を

 

 まとめたいと思います。

 

  • 日本人がよく聞かれる質問
    • 日本人はなんでそんなに働くの?
    • 日本人はどの宗教を信じているの?
    • 日本の首相についてどう思う?
    • 日本人はなんで英語が喋れないの?
    • 海外の人との受け答え
    • 最後に

 

日本人がよく聞かれる質問

 

日本人はなんでそんなに働くの?

f:id:TravelEnglish:20190319142925j:plain

 

 長時間労働や仕事上のストレスが原因で

 

 病死や自殺をしたりする人が

 

 日本では年々増え、

 

 日本で「過労死」と言われる言葉は

 

 英語でもそのまま

 

 “KAROSHI”

 

 と言われるくらい、

 

 世界でも認知度が高い

 

 日本の社会問題です。

 

日本人はどの宗教を信じているの?

f:id:TravelEnglish:20190319142930j:plain

 

 海外はほとんどの人が

 

 何らかの宗教を信教していることが多いので、

 

 こちらも関心が高いです。

 

 実際このような類の質問に対して

 

 僕がどう答えたかは

 

 のちに英語を交えて説明したいと思います。

 

日本の首相についてどう思う?

 

 特に学生など、

 

 海外の方は政治にとても関心が強いです。

 

 というより、

 

 日本人が無さすぎるといったほうが

 

 正しいかもしれません。

 

 

 僕自身、フィリピン留学中、

 

 先生からこのような話題を投げられて

 

 全く説明できなかったことをよく覚えています。

 

 しかし、その先生は自国の政治に対して

 

 しっかりとした意見を持っていて、

 

 それはフィリピンで、

 

 当たり前のことだと言っていました。

 

日本人はなんで英語が喋れないの?

 

 世界の共通語である英語は、

 

 近年は各国学校教育でも力を入れている分野です。

 

 しかし、日本では英語を喋れる人が

 

 少ない現状はご存知でしょうか?

 

 

 よくニュースで、海外のスポーツ選手や政治家が

 

 英語でインタビューに答えているシーンを観ます。

 

 しかし、彼らのほとんどは英語を

 

 第2外国語として習得した人もいます。

 

外国人(アジア人を除く)=英語を話せる

 

 という方程式が頭に浮かぶ日本人は

 

 多いんじゃないかと思います。

 

 しかし、

 

 彼らも学校で英語を一生懸命学び習得したのです。

 

 

 国によっては、アメリカやイギリスなどの

 

 英語圏諸国に植民地支配されていた経緯で

 

 公用語ではないものの、

 

 英語を話せる人が多いという事もあります。

 

 

 フィリピンの場合がそうで、

 

 フィリピンでは小学校から英語の授業があり、

 

 数学や理科、社会などほかの科目も

 

 公用語タガログ語ではなく

 

「英語」で行われるので、

 

 大学まで出ればほぼネイティブだそうです。

 

 

 ここで、

 

 一つ僕が海外の方から受けた質問に対して

 

 どう答えたかを紹介したいと思います。

 

 あくまでも僕の意見なので、参考程度にしてください。

 

海外の人との受け答え

 

Question

Why dose Japanese not believe in religion?

Answer

It’s true. Most Japanese doesn’t have any religions. But some Japanese has actually. Personally, I don’t have any religion. But I believe my ancestor spirit. When I have some trouble myself, I pray for my ancestors that give me your help as a Christian people wish for Jesus.

 

 

質問

なんで日本人は宗教を信じないのですか?

答え

確かにそうです。ほとんどの日本人は無宗教です。しかし、宗教を持っている日本人も中にはいます。個人的には、特に宗教は信仰していません。しかし、私は無くなった人の霊を信じています。私自身に何か悩みがあるとき、キリスト教の人がイエス様に助けを求めるように、私もなくなった先祖に助けを求め、祈ります。

 

 

 

 ほとんどの日本人が宗教信仰をしていないので、

 

 このような質問には「分からない」

 

 としか答えられないと思います。

 

 

 しかし、それだけだと会話が弾まず、

 

 その人に興味を持ってもらえないので、

 

 自分なりに話を膨らませられるように、

 

 多少脱線しました。

 

 

 僕の住んでいる沖縄では、

 

 各家庭に先祖を祭る仏壇があり、

 

 年に一回先祖をこの世に招待するお盆の習慣や、

 

 お墓参りをみんなでするシーミーなどの文化があるため、

 

 先祖が僕にとっての神様のような存在なので、

 

 このように質問をしてくれた人には答えました。

 

 

 この話をすることで、

 

 お盆やシーミーのような文化に興味を持ってもらえ、

 

 沖縄についての話まで発展しました。

 

 

最後に

 

 海外に出ると、日本を客観的にみることができます。

 

 自分自身、いろんな国に行って

 

 日本に対して失望することも多かったですが、

 

 やはりいい国だという事に一周して気付かされました

 

 

 たくさんの情報や考えを持っていて損はありません。

 

 それだけ、いろんな人と話せるチャンスがあるからです。

 

 

 英語が少ししか話せなくても、

 

 その分野に少し詳しかったり、

 

 相手と趣味が合うだけで、

 

 内容が入りやすくなってくるのは事実です。

 

 

 例えば、僕が友達とフランスに旅行した時の話です。

 

 僕たちは現地の大学に通っている、

 

 日本人、中国人、フランス人、トルコ人

 

 食事をする機会に恵まれました。

 

 

 僕の友達は、留学経験は1週間程度で、

 

 正直僕のほうが英語を喋れる自信がありました。

 

 

 しかし、彼とトルコ人の大学生が話している

 

 内容を聞くと全く意味不明でした。

 

 

 なぜかというと二人は「プラズマ」

 

 について学術的な話をしていたからです。

 

 

 文系の僕には何のことやらでしたが、

 

 共通の話題があるだけで、

 

 楽しそうに英語を話す友達を見て、

 

 楽しい話題が一つあるだけで、いつもと違って、

 

 こんなにも英語が出てくるのかと驚かされました。

 

 

 英語を勉強するときに、

 

 自分の好きなことをどう伝えるかを

 

 これからは考えてみてください。

 

 

 前のブログでも話ましたが、

 

 好きなことに対してのモチベーションは計り知れません。

 

 英語を話すための英語学習ではなく、

 好きなことを伝えるために、

 ツールとして英語を学習するよう

 点を変えてみましょう。

 

 いつの間にか、学習スピードも上がっていると思います。

 

 

続きを読む

海外で迷子になったら...

 

 海外にいる際

 街中や駅構内で迷子になった場合

 あなたならどうしますか?

 

f:id:TravelEnglish:20190318212124j:plain

 

 携帯が使えれば調べられますが、時間がかかります。

 

 聞けば早いです。海外の地下鉄などでは、

 

 電波がつながりにくく、ネットも遅くなる可能性があります。

 

 どうしますか?

 

 そんな時のために、

 

 道を聞いたりするときに使える英語のフレーズを

 

 少しでも覚えておきましょう。

 

 

travelenglish.hatenablog.jp

 

 

  • 1.街中にて
  • 2.駅構内にて
  • 3.もうワンステップ
  • 4.道案内で使うフレーズ
  • 5.最後に

 

1.街中にて

 

・I’m looking for 〈場所〉

(アイム ルッキング フォー)

-私は、○○を探しています。

 

 

 このフレーズは、

 

 「目的地がそろそろなんだけど、どこか知ってるー?」

 

 といった感じで使ってください。

 

 また、このフレーズは目的地を探しているとき以外にも、

 

 お店などで何か特定の商品を探しているときや、

 

 誰かを探しているときにも使えます。

 

 

 ヒトやモノを探しているときにはこのフレーズを使っていきましょう。

 

 

・How can I get 〈場所〉?

(ハウ キャナイ ゲットゥ)

-どのようにして、○○まで行けますか?

 

 

 このフレーズは、目的地まで、徒歩ならどのような道順で、

 

 電車などであれば、ホームや乗り換えの方法などを聞きたい時に使えます。

 

 

・Where is 〈場所〉

(ウェア イズ)

―○○はどこですか

 

 

 一番簡単な聞き方がこれです。

 

 しかし、目的地が現在地から近ければいいですが、

 

 道順などを具体的に聞いてるわけではないので、

 

 少しアバウトすぎる聞き方かもしれません。

 

 

 ここで一つ、よく使える英単語を紹介します。

 

 上にも出てきた、

 WHEREやHOWは5W1Hと言われるグループに分類されます。

 

 

  • What-なに
  • Where-どこ
  • When-いつ
  • Which-どっち
  • Who-だれ
  • How-どのように

 

 

 この6つの単語は、英会話を行う上で非常によく使います。

 

 今後、このグループにフォーカスを当てた記事も書きたいと思います。

 

 

2.駅構内にて

f:id:TravelEnglish:20190318211936j:plain

 

・Which line should I take?

(ウィッチ ライン シュドゥ アイ テイク)

-どのラインに乗ればいいですか?

 

 

 先進国の公共交通機関は東京のようにとても複雑化しています。

 

 また、先ほども説明したように、

 

 海外の地下鉄など携帯会社にもよりますが、

 

 繋がりにくくなることがあります。

 

 その際に、現地の人に聞けば早いです。

 

 

 ここでの、LINE(ライン)というのは、

 

 日本でいう、1番線、2番線などの「○○番線」という事です。

 

 

 僕が、フランスに行った際、地下鉄構内は迷路のようで、

 

 日本のように電光掲示板のようにリアルタイムで動く案内板がなかったので、

 

 とても困りました。

 

3.もうワンステップ

 

・What is the best way to get there?

(ワット イズ ダ ベスト

ウェイ トゥー ゲット デア―)

-そこまで行くのに一番の手段は何ですか?

 

 

 道順は聞けて満足。では少し物足りないです。

 

 徒歩での行き方をきいても、本当はとても距離があって、

 

 電車などのアクセスのほうが便利かもしれない場合もあります。

 

 

 目的地の場所がアバウトな場合は、

 

 徒歩がいいか、バスや電車がいいかも聞いてみましょう。

 

 

 ここでの”there”は代名詞と言われるもので、

 

 Mikeの事を次からHeと呼ぶのと同じ感覚です。

 

4.道案内で使うフレーズ

 

 こちらで出すフレーズは、

 

 日本にいるとき外国の方に道を案内をするときにも使えるフレーズなので

 

 覚えておいてください!

 

・Go straight

(ゴー ストレート)

-まっすぐ

 

 

・Turn right/left

(ターン ライト/レフト)

-右/左に曲がる

 

 

・In front of ○○

(イン フロント オブ)

-○○の前に

 

 

・Next to ○○

ネクスト トゥー)

-○○の隣に

 

 

・Across from ○○

(アクロス フロム)

―○○の向かいに

 

 

 

travelenglish.hatenablog.jp

 

5.最後に

 

 ここで紹介した内容は、自分が道に迷った時も、

 

 海外の方があなたの街で迷子になった時も使えるので、

 

 ぜひ覚えておきましょう。

 

 また、中学校や高校などでも

 

 このシチュエーションの英会話は教科書にも

 

 よく出てきているので、

 

 一度学生の頃の本を開いてみると面白いかもしれません。

 

続きを読む

友達作りで英語上達

 

 僕は2018年の春から

 3か月間フィリピンに語学留学をしていました。

 

 

 そこの学校には、

 

 フィリピン人の先生、

 台湾中国韓国ベトナムサウジアラビアなど

 

 様々な国からやってきた生徒がいました。

 

 留学中は、ルームメイトは韓国人だったので

 

 ご飯時間はよく一緒に食事をしていました。

 

 また、休みの日などはよく台湾の友達と旅行に出かけたり、

 

 毎週月曜日にはサウジアラビアの友達とバレーをしていました。

 (僕はチーム・アラビアンにスカウトされ、毎週戦っていました)

 

f:id:TravelEnglish:20190318182743j:plain

僕以外台湾人の友達とセブ旅行

f:id:TravelEnglish:20190318180708j:plain

チーム・アラビアン

 

 僕は、留学期間中に様々な国籍の人とかかわることができ、

 

 また、2019年の2月はその友達に会いに、

 

 いろんな国を回る旅に出ました。

 

 海外に友達を作るには、

 

 まず留学しないといけないと思う傾向にありますが、

 

 それだけが友達を作るツールではありません。

 

 グローバル化のお陰で、スマホ一つでもあれば、

 

 世界中の友達を作ることは可能になります。

 

 

 また、海外に友達ができれば、

 

 コミュニケーションは基本的に英語だと思います。

 

 なので、英語の上達と交友関係の向上を一石二鳥でゲットできる

 

 最強のツールだと僕は思っています。

 

 

 まずは、海外の友達がいることによる恩恵を説明するために、

 

 友達の作り方や皆さんが持っているであろう不安をまずは

 

 解消していきたいと思います。

 

  • 1.友達の作り方
  • 2.外国人とのずれ
  • 3.ワンステップ
  • 4.さまざまなメリット
  • 5.最後に

 

1.友達の作り方

 

 まず、皆さんの一番やりやすいであろう友達の作り方は、

 

 FacebookInstagramを使った友達の見つけ方です。

 

 このようなSNSであれば

 

 ハッシュタグやおススメアカウント検索で、

 

 

 趣味やアーティスト、スポーツなど

 

 自分と同じ「好き」を持った人を

 

 簡単に見つけることができます。

 

 このような機能を使えば、

 

 

 「何を話そうかな~」など考えることもないですし、

 

 同じ好き同士としてすでに繋がっているので、

 

 いい関係も築けます。

 

 また、相手を探すだけでなく、

 

 自分から情報を発信することによって、

 

 自分を見つけてもらうことも可能です。

 

 自分の好きなことを話したり伝えたりするための

 

 コミュニケーションツールとして英語が必要であれば、

 

 勉強したいというモチベーションに繋がります。

 

 

 ここで一度、SNSをそれぞれ簡単に紹介したいと思います。

 

Facebook

世界的に有名で一番ユーザーが多い。

世代の幅が広い趣味やアーティスト好きな人なら相手を見つけやすい。

 

Instagram

若者にとても人気だが、40代以上でやっている人は少ない

インスタ映え写真を撮っている人や、若い人、学生なら同世代とつながりたいと思っている人におすすめ。

 

 

 もう一つおすすめなのが、「出会い系サイト」です。

 

 イメージ的にあまりいい風に思わない人も多いと思います。

 

 しかし、SNSよりもマッチング率は高いのでお勧めです。

 

 また、現在は無料でサービスを受けれるサイトやアプリなどもあるので

 

 利用する価値はあります。

 

 僕の友達はヨーロッパ旅行中に"Tinder"という、

 

 出会い系アプリで知り合った現地の人と一緒に市内を一日観光して

 

 楽しかったと言っていました。

 

 相手も外国籍の友達とかかわりたいと思っているのであれば、

 

 ウィンウィンな関係だと思います。

 

tinder.com

 

 そして、外国籍同士専用の出会い系サイトでは、

 

 周りの日本人に自分が出会い系をやっていることもばれる確率は低いので、

 

 そこらへんが気になる方にも安心して利用できると思います。

 

 

2.外国人とのずれ

 

 海外の友達を作る際に、

 

 一番の不安は宗教文化によるずれだと思います。

 

 日本でも行儀の悪いと言われる行動、マナーなどが存在します。

 

 これは国や地域によってそれぞれです。

 

 例えば、日本人の場合、パーソナルエリアを気にします。

 

 シャイな国民性があるので、初対面の人にがつがつ話しかけられたり、

 

 パーソナルな話をされて少し不快に思う人は多いと思います。

 

 しかし、アメリカなどはとってもフレンドリーな人が多いので、

 

 お店の店員などもどんどん近づいてきます。

 

 相手は全く悪気がなくても、

 

 嫌な気持になることは起こりえます。

 

 しかし、そのようなずれは現地で生活してみないと実感しません。

 

 ネットで調べて、こうだったと思っても

 

 現地の人はそうじゃなかったこともあります。

 

 なので、結論から言うと「気にするな」という事になります。

 

 もし、悪気なく相手に失礼なことをして、

 

 指摘されたらそのとき学べばいいのです。

 

 もしくは、「ネットではこうだったんだけど、これってどうなの?」

 

 と現地の人に聞いてみるのも面白いかもしれません。

 

 

travelenglish.hatenablog.jp

 

 

f:id:TravelEnglish:20190318182907j:plain

 

3.ワンステップ

 

 僕のように、海外にいる友達に会いに行ければ一番いいですが、

 

 それにはお金も時間も必要です。

 

 しかし、直接会えなくてもスカイプラインのテレビ通話など

 

 を利用することが可能なので、そこら辺の心配も必要ないと思います。

 

 最初はテキスト上での英語コミュニケーションが精一杯だと思いますが、

 

 慣れてきたらぜひテレビ電話なども利用してほしいと思います。

 

 お互い顔を出し合えば、安心感も変わってきますし、

 

 最初は緊張しますが、文面のみより確実に仲良くなれます

 

4.さまざまなメリット

 

 海外の友達には英語力の上昇のみだけでなく、

 

 様々なメリットがついてきます。

 

 まず一つ目は、セカイを知ることができます。

 

 よく、世界は広いと言われますが、物理的なものだけでなく、

 

 本当に世界は広いです。

 

 日本人は日本で育っているので、日本の常識、価値観、風潮などがありますが、

 

 海外の人は生まれ育った環境がこちらとは違うので、

 

 海外の友達ができることは、一つ新しい価値観に出会えたことになります。

 

 友達の話とは少しずれますが、

 

 僕がオーストラリアの空港でチェックインをしているとき、

 

 大きなバックパックを持っていたので、

 

 その荷物を預けようとしているときでした。

 

 隣にいたインド人女性が僕に、

 

 「そんな小さい荷物を預けるの?」と言ってきました。

 

 日本では、“55Lの大容量”と言われて買ったかばんも、

 

 彼女からしたら小さかったのです。

 

 グランドスタッフの方は、

 

 「こんな小さいけど、凄い重いものが入っているんだよ」

 

 と笑いながらフォローしてくれましたが、

 

 僕は機内持ち込みをすることにしました。

 

 このように、価値観は国によって違います。

 

 同じ日本人同士でも、もちろん価値観は違いますが、

 

 そのギャップが海外の人ではケタ違いです。

  

 

 価値観や考え方の違いにであることができれば、

 

 自分が小さいかばんを大きいと言われたように、

 

 もし悩みや不安があった時もそれが小さいと思えるかもしれません。

 

 

 悩みや不安など、

 

 パーソナルなことは他人に話しにくいと思うかもしれませんが、

 

 海外の方が相手だと、

 

 日本にいる周りの友達にばらされることはまずないですし、

 

 客観的な意見がもらえるメリットもあります。

 

 

travelenglish.hatenablog.jp

 

 

5.最後に

 

 海外の友達を作ってコミュニケーションが

 

 とれるかなと不安になる必要はありません。

 

 今、日本にいて、留学などをする予定がなくても、

 

 SNSを使って友達は作れます。

 

 また、メッセージ送信型のSNSは、

 

 自分のペースで送信できるので、焦ることもないでしょう。

 

 英語力ゼロであっても、

 

 まず、海外の友達もしくは、

 

 テキストを送信し合える同士を見つけましょう。

 

 そして、翻訳機を使いながらでも、

 

 単語を調べながらでも構いません、

 

 自分のペースでメッセージの送り合いを楽しんでください。

 

 そのうち慣れてきます。

 

続きを読む

クセ強めの店員も撃退

 

 旅行中の楽しみの一つはショッピングですよね!

 

 しかし、そのショッピングですが、

 

 発展途上の国などに行った場合、

 

 マーケットなどで値札が付いていない場合もあります。

 

 その場合、大抵の日本人はぼったくられます。

 

 それは、海外の中でも日本はとても豊かな国なので、

 

 凄くお金持ちに見られます。

 

 その時、よりよい買い物にするためにも、

 

 日本語よりも通じる可能性の高い英語の使い方と、

 

 根切交渉のテクニックなどを

 

 覚えておくことをおススメします。

 

  • 1.まずは値段を聞く
  • 2.高めに言われる
  • 3.値切り交渉3つのテクニック
    • ① まずは半分から
    • ② オプション交渉
    • ③ さよなら戦法
  • 4.最後に

 

1.まずは値段を聞く

f:id:TravelEnglish:20190310190721j:plain

 僕はこれまで、フィリピンマレーシアタイベトナムなどの

 

 マーケットで買い物を何度か経験したことがあります。

 

 このような国でも、大きなモールがあったりはします。

 

 モールの中はしっかりとしたテナントが営業しているので、

 

 ほとんどの商品には値札が付いています。

 


 しかし、ナイトマーケットなど

 

 出店タイプの営業スタイルの場合は、

 

 基本的に値札が付いていないので、

 

 まずは値段を聞くことから入ります。

 

How much is it?

(いくらですか?)

 

 

こちらはきれいな英文ですが、

 

 基本的にHow Much だけで通じます。

 

 商品を指さして、「ハウ・マッチ?」と聞いてみましょう。

 

2.高めに言われる

 

 現地の言葉で話したりしない限り、

 

 観光客だとばれてしまうので、

 

 あちら側からは基本的に高めに値段を言われます。

 

 例えば、僕がタイのカオサンロードで買い物をした時、

 

 一つのTシャツを指さして「ハウ・マッチ?」と聞くと、

 

 「200バーツ」と言われました。

 

 日本円にすると、700円くらいなので、

 

 Tシャツ1枚にしたら日本人の感覚からすると安いと思いますが、

 

 現地人からすると少し高く感じるそうです。

 

 なので僕は思い切って、半分の「100バーツ」と言って、

 

 最終的に150バーツで交渉成立しました。

 

 このように、基本的に値段交渉がある場合は高めに言われるので、

 

 日本人の感覚ではなく、

 

 現地の物価感覚で目安を考えてみるようにしてください!

 

 

3.値切り交渉3つのテクニック

① まずは半分から

 

 どれくらい安く値段を出していいかわからないなら、

 

 とりあえず半分の値段を出してみましょう。

 

 さすがに半分の値段で交渉成立になることはほぼないと思いますが、

 

 そこから交渉をスタートさせたほうが、

 

 結果的に安くで買える確率は上がってきますよね。

 

 

 または、自分がこれくらいで買いたいと思うプライスがある場合は、

 

 それプライスの4分の3くらいを提示してみてもいいと思います。

 

 例えば、

 

買いたいバッグを1200ペソでと言われた

 

900ペソくらいで買えるなら買いたいなと思う場合は

 

値切りプライスを700ペソくらいからスタートすると

 

900くらいに着地できます。

 

② オプション交渉

 

 Tシャツなどの場合、友達や家族へのお土産として

 

 2,3枚買ってもいいかなと思う場合は交渉のチャンスです。

 

 相手側に、たくさん買うから安くして、とお願いしましょう。

 

 一つの商品を値切り交渉する場合、

 

 自分の経験上、相手も頑固になる場合が多いです。

 

 なので、同じ商品を複数買う代わりに

 

 一つずつの商品単価を安くしてとお願いすると、

 

 あいても落ちる可能性が高いです。

 

③ さよなら戦法

 

 アジアの商売人はとても頑固です。

 

 お客さんに対して、やけに高圧的な態度を出してきたり、

 

 涙目になって訴えてきたり、

 

 いろんな人がいます

(日本ではなかなかいないので、それを体感できるだけでも、旅行の楽しみです)

 

 そんな癖の強めな、なかなか折れない定員に対して、

 

 諦める前の最終手段があります。

 

 それが、

 

See you, Bye bye

 

 めちゃくちゃ呆れたことが相手に伝わるように、

 

 少し切れ気味に、「もういいよ、帰る」と定員に告げて帰ってください。

 

 この場合、意外と高い確率で、店員が

 

「分かった、君の言った値段で売るよ」

 

 と言ってくれることがあります。

 

 これは、僕の友達がよく使っていた戦法で、

 

 高圧的な態度をとっていた定員でさえも、

 

 この戦法にかかると、「Sorry, sorry」と言いながら、

 

 あとを追ってきたことがあります。

 


 少しだけ、演技力も必要になってきますが、

 

 慣れてきたらメッチャ楽しいです!

 

 店員さんもやっぱり商品を買ってほしいので、

 

 そこはもう意地の張り合いです。

 

 

travelenglish.hatenablog.jp

 

4.最後に

f:id:TravelEnglish:20190310190716j:plain

 

 先ほども言いましたが、値段交渉のあるマーケットなどの場合、

 

 あちらから提示された値段であっても、

 

 日本人からしたら安く感じることはよくあります。

 

 しかし、現地の相場で考えてください。

 

 ネットでググれば、その土地の相場は大体わかってくるので、

 

 それと比較しながら交渉をしていくと、

 

 とってもいい買い物ができ、節約にもつながります。

 

 また、値段交渉は人と人のコミュニケーションなので、

 

 とても楽しいです。

 

 海外の人は、「僕らは友達じゃないか」「お願いだよ、僕の弟!」など、

 

 ととてもフレンドリーに接客してくれます。

 

 日本ではなかなか経験できない事なので、

 

 最初は怖くいと思いますが、

 

 とりあえず身を投げてみてください!

 

 絶対に楽しいです!

 

続きを読む

洋画で英会話!

 

 洋画を見るだけで、英語力は上がるのか?

 

 f:id:TravelEnglish:20190307224412j:plain

 

 単純に洋画を見て流すだけではそう簡単に英語力は上がりません。

 

 しかし、少しの工夫や意識の持ち方だけで

 

 日常会話などの簡単な英語はすぐに上達します。

 

 

 学校のように、机で本と向かう勉強ではなく、

 

 映画を見ながらなので、ハードルもそんなに高くないと思います。

 

 また、ジャンルにもよりますが、

 

 映画の中の役者同士の会話は実際に使える日常会話なので、

 

 とても実践的な学習方法だと思います。

 


 また、洋画や海外ドラマには、

 

 舞台が学校だったり、会社だったり、

 

 いろんなシチュエーションがあるので、

 

 自分に合った、

 

 学習したいと思う映画を選ぶこともできるので、

 

 そこでのメリットはほかの学習スタイルよりも良いと思います。

 

1.字幕はつける?つけない?

 

 音は日本語で、字幕を英語に設定したり、

 

 音も字幕も英語で設定したり、洋画の見方は色々あると思いますが、

 

 まずは音を英語に設定して、字幕なしで見てください。

 

 

 自分は英語全くできないのに、

 

 いきなりハードルが高すぎる!

 

 という方でも、まずはある程度分割しながらトライしてみてください!

 


 英語オンリーで全く理解できなくても全然大丈夫です。

 

 英語は言葉なので、

 

 1から100まで全部を訳そうとしてもほぼ不可能です。

 

 

 何度も言いますが、英語は言葉です。

 

 なので、文法やイディオムなどに気をひかれずに、

 

 全体的なイメージを捉えることに集中しましょう。

 


 なので、イメージをつかむためであれば、

 

 字幕は特に必要ないと思います。

 

 耳を英語に慣れさすためにもまずはチャレンジしてみてください!

 

2.イメージをつかん後は

 

 英語のみで見た後は、

 

 日本語で一度英語を見てみましょう。

 

 

 要は答え合わせです。

 

 自分が思っていた内容と実際の日本語訳が

 

 どれくらいか合致しているか、

 

 よくわからなかったシーンの解消などです。


 英語も日本語もどちらにも当てはまることですが、

 

 英語で言えない日本の表現や

 

 日本語にはない英語の表現などがあるので、

 

 よくわからない部分はいったん飛ばしておきましょう。

 


 一番重要なので、

 

 実際に使えそうな日常会話をどれくらい見つけられるかです。

 

 

 日本語でも使える表現があれば同じシーンを英語で

 

 どのように言っているのか確認してみてください。

 

3.英語、日本語の繰り返し

 

 英語で見て、

 

 日本語で見た後は何回もそれを繰り返していきましょう。


 大事なポイントや使えそうな表現があれば

 

 ぜひメモを取ってほしいですが、

 

 全文とる必要はありません。

 

 一文一文とっていたらだいぶしんどいですよね。

 

 何度も言いますが英語はイメージです。

 

 頭の中で日本語のイメージと

 

 英語のイメージを合致させていきましょう。

 

 英語と日本語は違う言葉です。

 

 何度も何度も言いますが、直訳ではありません、

 

 イメージを意識しましょう。

 

4.3つのポイント

① 分かる部分からでいい

  最初から完璧に一文ずつ英語を理解するは、もちろん不可能です。

 

 はじめは全くできなくても全然大丈夫です。

 

 英語を理解することより、

 

 耳を慣れさせることを意識して映画を見ておけば、

 

 気持ち的にも楽だと思うので試してみてください。

 


 映画には全体的なストーリーがありますが、

 

 そこを理解するのが今回の学習の目的ではありません。

 

 その時その時でいいので、

 

 区切りながら、

 

 止めながら英語のイメージを捉えていきましょう。

 

② マネする

 使える英語表現や気に入ったシーンを

 

 いくつか見つけた後は実際に使ってみましょう。

 

 しかし、自分を含めほとんどの人が

 

 周りに英語を喋れる人が少ないと思います。

 

 ではどうしたらいいのか。

 

 それは、独り言です。

 

 映画の主人公になりきって、覚えたての英語を口に出してみましょう。

 

 一つ一つの英単語の発音は特に気にせず、

 

 ひたすらそのセリフをマネしましょう。

 

 英語の発音を毎回思い出すことができるように、

 

 そのシーンだけスマホなどでビデオに残しておきましょう。

 

 

travelenglish.hatenablog.jp

 

③ 繰り返す

 何度も言っていますが、

 

 日本語から英語、英語から日本語をひたすら繰り返していきましょう。

 

 この時、手っ取り早く、音を英語にして字幕を日本語にしてしまおうと

 

 思うかもしれませんが、

 

 それだと、どちらかに意識が集中してしまうので、できるだけ避けてください。


 英語だけでみて、頭にイメージを残し、そのイメージのまま次は日本語で。

 

 という形の繰り返し方で学習を進めていきましょう。

 

5.最後に

 

 まずは、映画のジャンル選びから、

 

 つまらない映画だと内容的にも飽きてしますと思うので、

 

 せっかくならストーリー的にも面白そうで、

 

 継続できそうな映画を、口コミなどを見ながら見つけてください!

 

 

 学生さんの場合は、

 

 ”ハイスクールミュージカル”などの学園ものがしっくり来ると思います。


 映画を見つけた後は、さっそく英語のみで聴いてみましょう。

 

 はじめのうちは、自分のリスニング力のなさに絶望するかもしれません。

 

 実際、自分もそうでした。なので、はじめのうちはあまり気にせず、

 

 とにかく英語に慣れていきましょう!!

 

f:id:TravelEnglish:20190307224510j:plain

 

 


 映画を見つけた後は、

 

 さっそく英語のみで聴いてみましょう。

 

 はじめのうちは、自分のリスニング力のなさに絶望するかもしれません。

 

 実際、自分もそうでした。

 

 なので、はじめのうちはあまり気にせず、とにかく英語に慣れていきましょう!!

 

 

 

travelenglish.hatenablog.jp

 

洋楽で英語向上!!

 

 

 普段から洋楽を聴く人も、音楽は邦楽!

 

 という人も、

 

 もし英語のモチベーションがなかなか上がらなかったり、

 

 もっと気楽に気軽に英語を勉強したいと思いませんか?
 

 

 洋楽ですべての英語を習得することは不可能ですが、

 

 洋楽には大きな波及効果があると思っています!

 

 洋楽から英会話の向上を一緒に目指していきましょう!

f:id:TravelEnglish:20190305220151j:plain

 

  • 1.洋楽で英語学習
    • ①文法は間違っている
    • ②イメージでとらえる
    •  
    • ③単語などを調べてみる
    • スラングやイディオムの習得
  • 2.おススメのアーティスト
  • 3.おわりに

 

1.洋楽で英語学習

 

 英語の勉強と言っても、

 

 英単語、英文法、速読、スピーキングなど

 

 様々な分野があります。

 

 ではここで、

 

 洋楽に何を求めるかをはじめに定めておきたいと思います。

 

 

 洋楽英語勉強法の一番の目的は、

 

 環境を作るという事です。

 

 勉強というと退屈でつまらないイメージがどうしてもあるので、

 

 音楽のちからでそこを克服しようという事です。

 


 日常的に洋楽を聞くことによって、

 

 日本にいながらも常に英語と触れ合う機会を

 

 物理的に増やすという事です。

 


 スポーツも勉強もやはり

 

 コツコツ続けることが一番の上達の秘訣です。

 

 毎日机に向かうことは難しくても、

 

 毎日洋楽を聞くことはできますよね?

 

 

 そのように簡単なところから、

 

 環境を英語にもっていって、

 

 モチベーションをどんどん上げてくれる効果が洋楽にはあります。


 
 また、ここで洋楽を聞く際に意識してほしいポイントを3つ伝えます。

 

①文法は間違っている


 洋楽では、リズムなどを整えるために、

 

 歌詞をいじることがあります。

 

 なので、洋楽の歌詞は学校で習った

 

 完璧な文法で書かれているかというと、違います


 また、日常会話においても、ネイティブでさえ、

 

 文法を正しく使えてないことがあります。

 

 正しく使えてないというよりは、

 

 気にしていないというのが正解かもしれません。

 

 僕がアメリカに1か月滞在していた時も、

 

 何度か今の英文気になるなと思うことがありましたが、

 

 あまり気にしていない様子でした。



 例えば、The BEATLES の "Ticket to Ride" の歌詞を見てみましょう。

She’s got a ticket to ride.
She’s got a ticket to ride.
She’s got a ticket to ride.
She’s got a ticket to ride.
But she don’t care.

 
 ここで、正しくはShe dosen’t careだよな~


 と思った人はいたでしょうか?

 これもただ単に、

 

 語調を整えるだけでこうなっていると言われています。


 歌詞で文法がおかしくても気にしないでください!


②イメージでとらえる


 上でも言ったように、

 

 洋楽は英文法の勉強に適しているとは言えません。


 洋楽を聞くときにはその単語や表現から

 

 どんなイメージが湧くかを

 

 考えてみてください!

 

 

 今のは明るい感じだね、これは悲しい感じだな~と、

 

 なんとなくで結構なので、

 

 文章をイメージでとらえる練習をしてみてください。

 

 

travelenglish.hatenablog.jp

 


③単語などを調べてみる

f:id:TravelEnglish:20190223091952j:plain



 洋楽を聞き流すだけでの聞き取りはとても難しいと思います。

 

 その際、同時に英語の歌詞を見ながら聞いてみてください!


 そして、歌詞からイメージをする練習をした後は、

 

 分からなかった単語や表現をググってみてください。

 

 これで、一緒に語彙力も上がってきます。

 

travelenglish.hatenablog.jp

 


スラングやイディオムの習得


 洋楽では、曲をおしゃれにするためにいろんな表現が使われています。


 その中でも、洋楽は、スラングイディオムなどを

 

 学習できるいい教材になります。

 

 スラングは、日本でいう方言や現代語のようなもので、

 

 時代によって変わってきます

 

 また、イディオムというのは、

 

 日本でいう慣用句のようなもので、

 

 2~3単語が連なって、本来とは違う意味を表す表現技法の事です。

 

 例えば、"piece of cake”

 

 直訳すると、「ケーキの一部分」とありますが、

 

 これはイディオムで「とても簡単なこと」という意味で使われます。

 

 このようなイディオムは、日常会話の中でも使われますし、

 

 使うことができれば、とても便利です。

 

2.おススメのアーティスト

 

(1) ディズニー


 子供にも親しまれている、ディズニーの曲は聞きやすく、

 

 分かりやすい表現が多いので一番のおススメです。

 

 男性にはちょっと可愛げがありすぎるかもしれませんが...


(2) ビートルズ


 よく、洋楽での勉強教材として選ばれるのがこのグループ「The BEATLES」 です。


 聴きやすく、ロマンチックな曲も多いので、歌詞を目で追いながら、

 

 ついついうっとりしちゃいます。

 

 

(3) カーペンターズ


 こちらもBEATLES同様によく教材として取り上げられます。


 少し年代は古いですが、「Top of the world」などは

 

 だれもが聞いたことある曲だと思います。

 

 この曲は一番のおススメです。


(4) ワンダイレクション


 このグループは、完全に個人的なおススメです!


 自分がちょうど中学校の頃にはやったグループだったので、

 

 いろんな曲を知っていした。

 

 バラードからロック調な曲まであるので、

 

 気分に合わせて曲を選べる楽しさもあります。

 

3.おわりに

f:id:TravelEnglish:20190305220242j:plain

 

 以上のように、おススメのアーティストもいくつかあげましたが、

 

 もし、今よく聞いているアーティストがいるのであれば、

 

 今以上に一日の中で聴く時間を増やしていってください!

 

 

 忘れてほしくないのが、洋楽学習の一番の目的は、

 

 日常生活で英語の触れ合う時間を増やすという事です。

 

 そしてそれを結果的に、

 

 いろんな学習のモチベーションにつなげていくことに目的があります。

 


 あまりにロックすぎる曲やクラブミュージックなどはお勧めしませんが、

 

 好みの曲やアーティストを見つけて、できるだけ多く聞いてみて下さい!
 

 

 常に英語に囲まれる生活を今日から作っていきましょう!

 

続きを読む

海外での宿選び&英会話

 

 旅行に必須なのは宿ですよね。

 

f:id:TravelEnglish:20190318212704j:plain

 

 僕は、車をレンタルして車中泊をしたこともありますが、

 

 海外でそんなことをする人は少ないと思います。

 

 

 僕は現在も学生なので、

 

 基本的に宿は節約をするためにゲストハウスといわれる、

 

 プライベート空間の少ない、安い宿に泊まっています。

 

 

 しかし、東南アジアなどでは、

 

 日本のビジネスホテル的な部屋でも

 

 日本のカプセルホテルや漫画喫茶などの

 

 半分以下も安いことがあるので、

 

 その時は一部屋借りて少し贅沢したりもしています。

 

 

 日本人にとって、

 

 パーソナルスペースの確保は重要ですし、

 

 それでも節約したいという人もいると思います。

 

 宿選びはそれぞれに合ったやり方があるので、

 

 参考程度に見てください。

 

 

 また、ホテルやゲストハウスは基本的にいろんな要望に聞いてくれます。

 

 日本であれば気軽に聞けますが、

 

 海外だと言葉の壁がまず出てくると思います。

 

 

 そこで我慢しちゃう人もいると思いますが、

 

 旅行中は小さなストレスが積もって

 

 大きなものになると大変なので、

 

 利用できるものは利用し、

 

 お願いできることは気軽にお願いできるように、

 

 ケースバイケースの英語を一つでも多く覚えておきましょう!

 

 

 まずは、旅行先の宿のタイプを3タイプに分けて紹介したいと思います。

 

 

1.海外の宿事情


① ホテル


 ここで言うホテルは、

 

 ビジネスホテルをイメージされてください。

 

 基本的に、若者向けに発信しているので、

 

 リゾートの高級ホテルは夢の話だと思うので。

 

 僕自身は、

 

 フィリピン、マレーシア、タイ、ニュージーランド、カナダなどで

 

 このタイプの宿に泊まった経験があります。

 

メリット
・室内が清潔で、清掃が行き届いている
・バス・トイレも部屋の中にある
・プライベート空間の確保
・タオルや洗面・バス用品が揃っている

デメリット
・1泊の費用はほかより高め
・快適で、ついついくつろいじゃう

 


② ゲストハウス


 ゲストハウスはいわゆるドミトリー形式で、

 

 一つの部屋で複数人が寝泊まりすることになります。

 

 また、基本的にお風呂場やトイレは室外の共用となっており、

 

 共有スペースで食事をとったり、洗濯をしたりします。

 


 不便なところが多そうに見えますが、

 

 その分宿側のコストがかからず、

 

 宿泊費はとても安くなっています。

 

 僕自身も、台湾やオーストラリアへ行った際に利用しました。

 

 オーストラリアなどは観光地で有名ですが、

 

 物価が世界を見ても中々高いのでよくゲストハウス型の

 

 お財布にやさしい宿泊施設がよく目に留まりました。

 

メリット
・宿泊費が抑えられる
・オーナーや宿泊者との交流が生まれやすい
・ベットの上で時間を無駄にすることが減る

デメリット
・管理・清掃が行き届いていないことが多い
・購入しない限りタオルなどのバス用品などはない
・プライベート空間がない
・貴重品の管理

 

③ コテージ型


 コテージという言葉はあまり耳にしないと思います。

 

 イメージとしては、

 

 ホテルとゲストハウスの間を想像してください。

 

 プライベート、ベッドなどの空間は確保されているが、

 

 トイレやお風呂は共有という感じです。

 


 僕は、ニュージーランドで一度

 

 このような形の宿を経験しました。

 

 その時は、二つのベッドルームがあり、

 

 それぞれにカギがついていて、

 

 バス・トイレ、キッチンなどは2グループで共有という感じでした。

 

 隣の部屋がカップルだったので、

 

 少し気まずかったのを覚えています。

 

メリット
・プライベート空間が確保されている
・比較的リーズナブルな値段

デメリット
・共有スペースが常に人が多い
・お風呂での順番待ち

 

2.日本のホテルとの違い

 海外のホテルへチェックインする際

 

 「デポジットとして

 

 クレジットカードや現金を要求されることがたまにあります。

 

 「デポジット」を直訳すると、「預り金」

 

 

 つまり、チェックアウトするまでの保証金という事です。

 

 海外では、クレジットカードは身分証明書のように、

 

 支払い能力があることを証明することによく利用されます。

 

 

 そのため、デポジットを要求された場合は、

 

 クレジットカードの提示だけで大丈夫です。

 


 しかし、クレジットカードを持っていない場合は、

 

 デポジット量を現金で要求されることがあります。

 

 チェックアウトする際にその分は返してもらえますが、

 

 帰国前にまとまった現金を返されても、

 

 なかなか使うこともないので、

 

 カードを前もって持っておくことをおススメします。

 

 

travelenglish.hatenablog.jp

 

3.使える英会話

 

(1)チェックイン時間前で荷物だけ預けたい時


・Can I leave my baggage?
(キャナイ リーブ マイ バゲージ)

「leave」には、自分がどこかを去る、という意味もありますが、

 

 モノを置いていくというときにも使えます。

 

 また、旅行中の荷物は基本的に「baggage」と表現します。

 

 空港の案内でもよく見かけるので覚えておきましょう。


 チェックイン前の時間でも荷物預かりのサービスがある

 

 ホテルやゲストハウスは多いので、到着時間が早い場合は、

 

 一度荷物を置いて、身軽な状態で楽に外の街へ出かけることをおススメします。


(2)両替したい時


・Where can I exchange my money?
(ウェア キャナイ エクスチェンジ マイ マニー)

 この時のポイントは、ホテルの近くで両替できる場所はないか、

 

 「Where」を聞くことです。

 

 ホテルによっては施設内で両替をできる場所がありますが、

 

 基本的にホテルではレートが悪いので、

 

 近くの銀行や両替所を聞くことをおススメします。


(3)食事の時間を聞きたい時


・What time is morning〈lunch,dinner〉
(ワッツ タイム イズ モーニング、ランチ、ディナー)

 基本的に食事付きのプランの場合、

 

 ホテルマンがチェックインの際に教えてくれますが、

 

 食事の時間は何時から何時までと縛りがあるので、

 

 分からなかった場合はしっかり聞き返すか、確認をしておきましょう。


(4)近くのレストランを聞きたい


・Do you recommend any restaurant near here?
(ドゥー ユー リコメンドゥ エニー レストラン ニアー ヒヤ)

 「(動)recommend、(名)recommendation

 

 は観光中などでも使い勝手がいいので覚えておきましょう。

 

 名詞形を使いたい場合は、


 ・Do you have any recommendation?
 (ドゥー ユー ハブ エニ― リコメンデーション)


 という風に使いましょう。


 「near here(ここら辺の)」細かい表現なので、文末につけましょう。


(5)WiFiのパスワードを聞きたい時


・Can I have Wi-Fi password?
(キャナイ ハブ Wi-Fi パスワード)

 何度も出で来る「Can I ~?」の表現はなにかお願いをしたり、

 

 自分がしてもいいか許可をもらうときに使えます。


(6)タクシー呼んでほしい時


・Can you call taxi?
(キャン ユー コール タクシー)

 また、相手に何かしてほしい時は「Can you~」の表現を使いましょう。

 

 「Can I と Can you」を使い分けることができると、

 

 日常英会話が格段にスムーズになります。


(7)洗濯サービスはあるか聞きたい時


・Is there any laundry service?
(イズ デア アニー ラウンドリー サービス)

 中学校の頃習った方も多いと思いますが、

 

 ここでは「There is構文」が使われています。

 

 ~があると言いたい時は「There is ~」そして、

 

 それを疑問文にしたい場合は、

 

 主語の「There」とbe動詞の「is」の順番を逆にするだけで完成です。


 また、コインランドリーがある場合。

 

 洗剤は別売りになっている場合が多いです。

 

 僕は洗剤という単語がなかなか出てこなかったので、

 

 皆さんは今のうちに覚えておいてくださ。


 「Detergent(デタ―ジェント)」

 

4.終わりに

 宿泊施設は国や地域によってその相場やサービスが変わってくるので、

 

 前もってしっかり調べておくことをおススメしますが、

 

 滞在中に何かわからないことがあったり、

 

 お願いしたいことがあるなら気軽に相談してみましょう。

 


 また、自分でホテルのチェックインの想像をしながら、

 

 一度独り言のように声に出して練習してみることもおススメします。

 

 旅慣れした旅人を頭で想像しながら、なりきって英語を声に出してみましょう。

 

 英語をうまく話すコツは、自分はうまいと思う事です。

 

 

travelenglish.hatenablog.jp

 

 

新・単語学習法

 前回は、単語学習の重要さやメリットについて

 

 話していきました。

 

 では、今回は具体的にどのように単語学習を

 

 進めていけばいいかを伝えたいと思います。

 

  • 1.単語帳の作り方
  • 2.単語帳の使い方
  • 3.単語帳の活用法
  • 4.単語の覚え方
  • 5.単語の使い方(並べ方)
  • 6.最後に

 

 

1.単語帳の作り方

 

①ノートの左側4分の1か3分の1のスペースを取って線を引く。


②左側に日常生活の中で新しく知った単語、わからなかった単語、興味を持った単語を書き出す。

 

③ノートの右側にその単語の意味を書く。
(※この時少しでも英語に自信のある方は、英和辞書などを利用して、意味も英語で書くようにしてみてください。)


④意味を書いたら残りのスペースに、その単語を使って例文を一文書いてください。


⑤これで、単語帳を作る手順は終了です。

 一日いくつも単語を書いてもいいですが、最低でも単語5つくらいは日常生活の中で見つかると思います。また、見つからなければ、自分から教科書やネットに探しに行ってもいいと思います。


目安としてこちらをご覧ください。


1日単語5個の場合  → 1か月(5×31日)=155単語
1日単語10個の場合 → 1か月(10×31日)=310単語

 を覚えることができます。

 

2.単語帳の使い方


 単語帳を作っていく際、

 

 できるだけ英語を使うようにしましょう。

 

 単語の意味を英語で書いても

 

 理解できなかったら本末転倒ですが、

 

 自分の知っている範囲の単語でまずは書いてみてください。


 あまり無理すると、

 

 英語が嫌いになってしまう(自分は一度経験済み)ので、

 

 少しずつで結構です。

 

 英英辞典を持っていなくても、

 

 ネットで検索可能なので、まずは一度目を通してみてください。

 

 そして、単語はイメージなので、

 

 その文を丸写しする必要はありません。

 

 その単語を連想させるような類義語などを並べるだけでも

 

 自分が理解できたらオッケーです。

 

 

  また、例文を書くことによって

 

 その単語をどのように使うのかもわかってくるので、

 

 しっかり考えてください。

 

 はじめは簡単な英文でも大丈夫です。

 

 何回もこの作業を続けていくと、

 

 レパートリーも増え、面白い例文を考えてみるなど、

 

 少し楽しくなってくるはずです。

 

3.単語帳の活用法


 1日数単語ずつを単語帳に書き止め、

 

 蓄積していくと、

 

 数週間前に書いた単語の意味を少し忘れているかもしれません。

 

 なので、定期的に、前を振り返ることを忘れないようにしてください。

 

 その際は、右と左を分けるために引いた線を折って、

 

 単語から意味を言えるかのチェックをしてみてください!

 


 また、ここで、自分が覚えやすい単語と

 

 覚えにくい単語が出てくると思います。

 

 それをしっかり可視化できるように、

 

 単語をチェックする際にはマークをつけておきましょう。

 



 例えば、僕の場合は、

 

 1回目のチェックでわからなかった単語は黄色の蛍光ペン

 

 2回目に分からなかった単語は「ピンクの蛍光ペン

 

 3回目は「青の蛍光ペンで線を引いておくようにして、

 

 何度も引っかかった単語は蛍光ペンでマークして、

 

 だんだん黒くなるようにしていました。

 


 そうすると、分からない単語は見やすく、

 

 わからない単語はたくさんの蛍光ペンで見えずらくなるので、

 

 逆に目に留まるようになります。

 

4.単語の覚え方


 ここで、英単語を覚える際に最も重要なことを伝えたいと思います。


 英単語と日本語の単語の間には違いがあります。

 

 それは、単語の捉え方です。

 

 日本語は一つの単語に一つの意味があり、

 

 その意味は幅がとても狭いです。

 

 しかし、英語はそれと対照的に多くの意味を持つことがあります。

 

 そこでこれまで苦戦した方も多いのではないでしょうか?



 例えば、 

 

 “Run”

 この単語をきいて、皆さんはどの意味を思い浮かべますか?

 

 「走る」と頭に浮かんだ人が多いと思います。

 

 しかし、この単語はほかにも、

 

 「流れる」「経営する」などの意味があります。

 

 単語は同じなのに、なんでこんなにも意味が違うの?

 

 と思うかもしれませんが、英単語はイメージで考えると、

 

 日本語の意味も一つにまとめて考えることができます。



 ここでの、”Run”のイメージは、「スーッと流れる」イメージです。


 人が流れる=走る

 ビジネスを流れさせる=経営する


 このように、単語をイメージで考えていくと、

 

 複数ある英単語の意味も関連性が見えてきて、

 

 覚えやすくなると同時に、使いやすくなってきます。

 

f:id:TravelEnglish:20190225092917j:plain


≪例文≫

I can run fast.
-私は速く走ることができる。

I’m running the flower shop.
-私は、お花屋さんを経営している。

Nose is running.
-鼻水がでるor鼻水が流れている。

 

5.単語の使い方(並べ方)


  一生懸命覚えた単語を使えなかったら意味がないですよね、

 

 なのでここでは会話の際の英単語の並べ方を簡単に説明したいと思います。

 わかる人も多いと思いますが、英語の並びは基本的にこちらです

  S(主語)+V(動詞) …

 

 中学や高校ではいろんな文型を覚えさせられたかもしれませんが、

 

 英会話においては最低でもこれだけは覚えておいてください!

 英語は日本語の単語の並べ方とは、逆だと思っててください。

 

 英語では、大事なこと、大きなこと(誰が、何をするか)

 

 を最初に言って、

 

 細かいこと(場所や日にち、時間など)は音から並べていきます。

 

≪例文≫

I will go to the U.S. tomorrow.

 例文のように、まずは「誰が(主語)」

 

 そしてその人が「何をする(動詞)」

 

 ここでの場合は”go”という動詞に対して

 

 どこに行くのか「場所(目的語)」

 

 最後の詳細にいつ行くのかという日にちを並べたら

 

 英文の完成です。

 

6.最後に

 

 単語は毎日コツコツ続けていかないと、力がつかないので、正直退屈かもしれませんが、実際に海外旅行に行って自分が覚えた単語と出くわしたり、映画を見ていて覚えた単語が耳に入ったりしたときは、とても嬉しいです。
 これまでと違って、自分と合った単語帳を探す必要はありません。自分に合った単語帳を今日から作っていきましょう!!

 

続きを読む

これからの単語の学び方

 


 Q.なぜ単語を覚えるか?得することは

f:id:TravelEnglish:20190223091956j:plain

 

 英会話で一番大事なのは

 

 ボキャブラリーといわれる「語彙力」です。

 

 このボキャブラリーレベルが上がれば、

 

 同時にコミュニケーションレベルも上がります!

 
 意思疎通程度であれば、英語が喋れなくても、

 

 擬音語やジェスチャー

 

 自分の意思を伝えることが可能だと思います。

 


 しかし、ここでの目標は、

 

 英会話によってより旅行を楽しくする

 

 観光スポットにいる人たちに、

 

 写真を撮ってもらうことは

 

 言葉を交わさなくても可能です。

 

 

 そこから、現地の人なのか、観光客なのか、

 

 もし観光客ならこれからどこを回る予定なのか、

 

 どこに行ったのかを話せるのかどうかで、

 

 旅行の満足度が高まってきます。

 


 自分自身、写真を撮ってもらったことから、

 

 現地のおススメスポットを

 

 教えてもらったりすることができて、

 

 とても楽しい旅行を送った思い出があります。

 


 単語さえ分かっていれば、

 

 ジェスチャーでは伝えにくいことも伝わり、

 

 文法が無茶苦茶でも相手に思いが伝わることが多いです。

 


 しかし、単語の暗記が得意で、

 

 とても好きだったという方は少ないと思います。

 

 

 また、暗記したものは忘れてしまうもの。

 

 単語の暗記は継続的に続けてこそ身につくものなので、

 

 実はなかなかハードルが高かったりもします。

 


 そんな、今まで散々苦しめられてきた単語の暗記ですが、

 

 単語習得には大きなメリットがあります。


 日本の英語教育は、

 

 リーディングと文法に焦点が当てられています。

 

 なので、これまで習ってきたのは、

 

 きれいで完璧な英語ばかりでした。

 

 主語や、動詞、目的語などの順番が間違っていたら

 

 0点のように教わってきましたが。

 

 そこがぐちゃぐちゃでも

 

 伝えようと思えば、伝わります。

 

 実際これまでの学校での授業を思い出してみてください。

 

 習ったのは、例えば、

 

 TomNancyの完璧すぎる英会話ではなかったですか?

 

 その会話は例えネイティブだとしても完璧すぎると思います。

 
 実際に、ネイティブでも時制などを間違えたりはします。

 

 しかし、会話の内容やシチュエーションによって、

 

 たとえ間違っていたとしても、理解できます。

 


 なので、会話をする際、あまりに文法に囚われて、

 

 なかなかうまく話せない人が

 

 日本人に多いのはそのためかもしれません。

 

 

 国民性がシャイな日本人。

 

 

 それに加えて、

 

 完璧な文法こそが英語だと思ってしまっていては、

 

 会話すら始まりません。

 

 文法はしっかりしているほうがいいに越したことはありません。

 

 しかし、思ったことを伝えるのには

 

 単語を並べるだけでも十分伝わります。

 


 そんな単語を覚えるメリットをまずは3つ紹介したいと思います。

 

 

単語学習3つのメリット

1.伝わる(幅が広がる、わからない単語もオッケー)

 

 なんといっても、

 

 単語力、ボキャブラリーが豊富だと、

 

 より多くの事を伝えることができたり、

 

 分からない単語も表現できたり、

 

 より細かく物事を伝えることができます。

 

 例えば、前回僕が

 

 ニュージーランドでスカイダイビングを経験した時、

 

 インストラクターがこのように聞いてきました。

 

 

「What are you feeling now?」
-今、どんな気持ちか?

 


 気持ちを表す表現はたくさんあります。


 例えば、

 

 I’m excited.
 -ワクワクしている。

 I’m nervous.
 ―緊張している。

 I’m serious.
 -どんよりしている。

 


 また、  ”a little” や ”so” などの単語を

 

 形容詞(excited,nervous,,,)の前後

 

 に並べるだけで、またあたらしい表現が作れます。

 
 I’m a little nervous.
 -少し緊張しています。

 I’m so excited.
 -とてもワクワクしています。

 

●●● 気持ちや状態を表す形容詞 ●●●

 

I’m の後に続けて…

 

happy, glad(嬉しい)

sad, unhappy(悲しい)

tired(疲れている)

angry, mad(機嫌が悪い)

sick(風邪をひいている)

lonely(寂しい)

jealous(羨ましい)

calm(落ち着いている)

hung over(二日酔い)

 

 

2.読めるようになる(案内表示、注意書き、博物館、、、)

 海外では近年、案内表示なども多言語化していますが、

 

 すべてそうとは限りません。

 

 現地の言葉と合わせて、その次にある表記が英語です。

 

 街にある掲示板や広告、展示物の紹介文などを

 

 少しでも理解できれば、面白いと思いませんか?

 

 また、場内マップなどの単語を

 

 しっかり理解することができれば、

 

 迷子になったり、

 

 お店を探す時に時間をロスすることもありませんね。

 

 

 例えばこちらの例文
 

 この文章はシドニーで、バーの立ち並ぶ店の前に貼られていました。

 

”This restaurant will be opened at 6 p.m.
 but you can enjoy some beverage before that!!”

 

 この文で、レストランが午後6時にあくことが分かります。

 

 しかし、ほかに何かを楽しむことができると言っています。

 

 それは何かというと、Beverage = 飲み物です。

 

 この単語を読むことができたら、フードは六時からだけど

 

 飲み物は今も飲めることが分かると思います。

 

 

 このようにして、一つでも多くの単語を読むことができたら

 

 お店選びもうまくできてくると思います!

 

 その他、僕が海外で見かけた単語をいくつか紹介します。

 

 

●●● 海外旅行中の単語 ●●●

 

Pedestrian(歩行者)

 歩行者専用道路などを表記する際によく使われます。

 標識の意味が分からないと少し危険な目に会ってしまうかもしれませんよね、、、

 

Pay here(ここで、払えます)

 レストランなどでは、国によって支払いが、

 テーブルかカウンターの二つのパターンがあります。

 もしカウンター支払いなら、このような表示があると思います。

 

Proceed to the next(次に進んでください)
 博物館や美術館などでも見かけます。

 Proceed (進む)という単語自体あまりすぐには意味が

 出てこないかもしれませんが、

 よく見る単語なので、しっかり覚えておきましょう。

 

Transfer(乗り継ぎ)

 空港での乗り継ぎなどがある場合、

 この標識についていけばしっかりたどり着けるでしょう。

 

3. 英語学習のスタートダッシュに最適

 なぜ、英語学習のスタートにふさわしいかというと、

 勉強しやすいからです。

 

 

 しかし、先ほど、単語の暗記はつまらなかったと言いました。

 

 もちろん今までと同じやり方で単語の学習を進めてしまえば、正直つまらないです。

 これまでは、一つの単語帳を一からひとつづつ必死に覚えていきましたが、

 

 ここでの目標はあくまでも日常英会話。

 

 なので、覚える単語は日常の中から探し出します。

 

 わからない単語に出会ったときには、

 

 それを自前の単語帳に書き込むやり方で進めていけば、

 

 とても効率のいいものになります。

 

 

 日本にいる限り、日常的に英語と出会うことは少ないかもしれませんが、

 

 よく聞く洋画や洋楽の中から出会う単語でもいいですし、

 

 日本語で話していて、これは英語だと何っていうのか思った単語などでもいいでしょう。

 


 そのようにして、これまでの販売された単語帳での暗記と違い、

 

 日常生活と英単語を密接につなぎ合わせることができるので、

 

 継続しやすく、習慣化するためこれから英語勉強をまずは

 

 続けることから始めたいという方にはとてもうってつけな分野だと思います。

 


 まずは、どんなノートでもいいので単語を書き込めるノートを準備しましょう。

 

 勉強は形から入るタイプという人などは、

 

 少し高めのカッコいいノートを買ってみてもいいかもしれません。

 

f:id:TravelEnglish:20190223091952j:plain

 

最後に… 

 単語力のある人はその引き出しが多くなるため、確実に英語力は上がります。

 

 しかも、色々な表現ができるため、

 

 より深い人と人とのコミュニケーションが取れると思います。

 

 これまでの単語暗記のやり方は忘れて、

 

 これからは自分自身のオリジナル単語帳を日常生活の中から作っていきましょう。

 

 単語は時間がたつと忘れてしまうもの。

 

 ほとんどの人がそうなので、忘れても気にせず、

 

 何回も繰り返して覚えていきましょう!

 

 そして、楽しい海外旅行を送るための下準備を一緒に進めていきましょう!

 

f:id:TravelEnglish:20190421094509j:plain

 

 また、【今月限定】

 個別のラインにて無料で皆さんの

 英語学習海外についての相談に乗っています。

 

  今すぐ無料で参加する

 

友だち追加

 

海外旅行とクレジットカード

 

 今回は実践的な英会話ではなく、

 

 海外旅行で知っておくべき知識を

 

 少しだけお伝えしたいと思います。

 

 

 皆さんはクレジットカードなどのカード類を

 

 普段から使っていますか?

 

 

 日本にはまだまだ、現金主義の人が多いです。

 

 特に、昭和生まれの親御さん世代。

 

 しかし、先進国のほとんどの国では

 

 カード決済が主流となっています。

 

 

 僕自身は、大学1年生の頃、

 

 海外旅行に行く前からカードは

 

 持っていたほうがいいよと言われて

 

 作っていたので、「持っておけばよかった…」

 

 というシチュエーションに陥ったことはありませんが、

 

 あの時カード持ってなかったら、危なかったな、

 

 難儀してたなという事は多々ありました。

 

 なので今回は、なぜ海外へ行く際に

 

 カードを持っていたほうがいいのか。

 

 また、どのようにカードを選べばいいのかを

 

 書いていきたいと思います。

 

 

 

f:id:TravelEnglish:20190216030416j:plain

 

1.クレジットカードとデビットカード

 まず、ここでいうカードには二種類あります。

 

 <1>クレジットカード
 

 クレジットカードは、簡単に言うと、

 

 お金を立て替えてくれる仕組みになっています。

 

 例えば、今月カードで3万円を使ったとしたら、

 

 来月の支払日に指定の口座から

 

 3万円が引き落としされるという事です。

 



 <2>デビットカード
 

 似たようなカードにデビットカードというものがあります。

 

 クレジットカードと何が違うかというと、

 

 決済が即引き落としになります。

 

 例えば、今日レストランで

 

 2000円の食事をデビットカード払いすると、

 

 お店でカード支払いした時に口座からも

 

 2000円が同時に引き落としされます。

 


 今回、海外旅行中のカードの有用性という形で、

 

 少し絞って話していきたいと思います。

 

2.カードを持つべき理由


 1.お金の管理がしやすい

 

 僕が一番にメリットを上げるとしたら

 

 お金の管理のしやすさです。

 

 よく、

 

 「クレジットカードを持ったら使いすぎてしまう」

 

 という方がいますが、

 

 それは全く逆で、携帯のアプリなどを使えば、

 

 今日何時何分にどこでいくら使ったかなどが確認できます。

 

 旅行中ついついお土産を買いすぎて、

 

 最後には小銭しかないという経験をした人も

 

 いるかと思います。

 

 そんな方でも、コンピューターが自動的に

 

 家計簿をつけてくれるので

 

 お金の管理は数倍楽になると思います。

 


 2.円から現地通貨に両替しなくて済む


 もちろん、入国した際には僕もある程度の金額は

 

 現地通貨に両替しておきます

 (東南アジアの屋台などではカードが使えないから)。

 

 しかし、いざ、通貨が少し足りない時などに

 

 カードがあれば支払うことができます。

 

 

 僕も実際、フィリピンにいた時、小さな島への旅行中、

 

 ギター工場にあった一つのウクレレに一目ぼれをして、

 

 買おうと思ったとき財布にあるお金では足りませんでした。

 

 近くにお金を下せるATMなどもなかったですし、

 

 その時にカードがなかったら一生買えなかったと思います。

 


 3.カード支払いのみの発券機などがある

 

 僕が先日オーストラリアのタラマリン空港からメルボルン市内へ行く時の事でした。

 

 バス乗り場へ行くと、チケットの発券機がありました。

 

 しかし、それはカード決済のみに対応していて、

 

 現金で支払いの場合はターミナル内に戻って購入という事でした。

 

 もしこの時にカードを持っていなかったら、難儀していたなと今でも思います。

 


 また、いくつかのホテルではデポジット(保証金)

 

 としてクレジットカードの提示を求めるところもあります。

 

 カードを持っていなかった場合は現金でも可能ですが、

 

 その際、多額の現金をホテル側に預けることになるので、

 

 チェックアウトした後に、

 

 使い道のないお金が多くの残ることがあります。
 

 このように海外ではカードを持っていることは当たり前になっています。

 

 海外へ行く際は、その風潮に乗り遅れないようにしましょう。

 

 

3.カードの選び方

 


 1.国際ブランドで選ぶ


 海外旅行中にクレジットカードを使いたいという方はまず、

 

 「国際ブランド」がどれかという事からカードを選んでほしいです。

 

 VISA,MASTER,JCBなどがそれにあたります。

 

 僕自身、上の三つに加えアメリカンエクスプレスのカードを持っています。


 率直に海外で使い勝手がいいのは、

 

 VISAMASTERです。

 

 JCBは海外では使えない店が多く、

 

 アメリカンエクスプレス

 

 主に高級店やホテルなどで使えることがありますが、

 

 庶民的なお店で使えることは少ないです。

 


 2.年会費で選ぶ


 カードを作る際、

 

 年会費初年度無料のキャンペーンをしているカードも多いですが、

 

 基本的に年会費がかかってきます。

 

 簡単に説明すると、年会費が高くなれば、ポイント還元率が高くなったり、

 

 色々なサービスがついてきたり、付加価値が高くなるというイメージです。

 

 基本的な建て替え機能はどのカードにもついているので、

 

 年会費が気になる方は、

 

 カードの特典を調べてから決められるといいと思います。


 また、学生限定カードの場合は、

 

 年会費が無料だったり、いろんな特典がついていたりするので、

 

 限定カード対象の方は内容をよく見てください。

 

 それぞれに合った、お得な特典がついていると思います。

 


 3.旅行保険で選ぶ
 

 多くのクレジットカードでは、

 

 旅行保険などの付帯保険がついてきます。

 

 海外旅行中に万が一盗難などの被害にあった場合も、

 

 制限額の中であれば、損害額を請求することができます。

 

 カードを持っているだけで、保険がきくので、

 

 安心して旅行もできると思います。


 毎回、旅行へ行くたびに、

 

 旅行代理店などが提供する「旅行保険」などにも加入しなくて済むので楽です。


 しかし、今回は短期間の旅行をする人へ勧めています。

 

 数か月留学する場合や、ビザ申請をする場合などは、

 

 旅行保険に加入しなければいけないこともあるので気を付けてください。

 

4.最近よく聞く「デビットカード」の使い方

 

 一般的に、デビットカードの売りは「即引き落とし機能」です。

 

 口座にある分しか、使えないので、

 

 使いすぎてします心配はなくなりますが、

 

 ポイント還元率(ポイントの貯まりやすさ)は低くなります。


 しかし、海外旅行でのデビットカードの使い方は少し違います。

 

 現地のATMなどで現地通貨を引き落とししたい時などに、大活躍です。


 空港などにある両替所は基本的に「日本円→ドル」などの通貨の両替です。

 

 しかし、国際ブランド対応のATMなどであれば、

 

 日本の口座から現地通貨に換えて引き出すことが可能です。

 

 時間もテマも省けるので、かなり有用性は高いと思います。


 また、クレジットカードのキャッシング機能を利用しても

 

 引き落としは可能ですが、

 

 その場合、お金の借り入れとなるので、

 

 それは避けたいという方はデビットカードも持たれたほうがいいと思います。

 

 

 

 

 海外での買い物などは基本的にクレジットカードを使うことをおススメします。

 

 お金を管理しやすくし、同時にポイントも貯まるとなれば、一石二鳥です。

 

 また、ブランドの違うカードをいくつか持つといいでしょう。

 

 例えば、VSIAは使えないけど、

 

 MASTERなら使えるといったお店も中にはあります。


 クレジットカードは信用あってのカードです。

 

 一度でも支払いの滞納など、管理を怠ってしまうと、

 

 あなたの信用度が落ち、

 

 ほかのカードを作ろうと思ったときに作れないということも起きます。

 

 大事なものなので、誰かに勧められたからではなく、

 

 しっかり自分で調べて、考えて、選んでください!