たびんちゅ式英会話~英語で旅をアップデートせよ!~

海外旅行をベースに日常英会話からビジネス英語まで、英語のスキルアップを目指していきます!

海外旅行とクレジットカード

 

 今回は実践的な英会話ではなく、

 

 海外旅行で知っておくべき知識を

 

 少しだけお伝えしたいと思います。

 

 

 皆さんはクレジットカードなどのカード類を

 

 普段から使っていますか?

 

 

 日本にはまだまだ、現金主義の人が多いです。

 

 特に、昭和生まれの親御さん世代。

 

 しかし、先進国のほとんどの国では

 

 カード決済が主流となっています。

 

 

 僕自身は、大学1年生の頃、

 

 海外旅行に行く前からカードは

 

 持っていたほうがいいよと言われて

 

 作っていたので、「持っておけばよかった…」

 

 というシチュエーションに陥ったことはありませんが、

 

 あの時カード持ってなかったら、危なかったな、

 

 難儀してたなという事は多々ありました。

 

 なので今回は、なぜ海外へ行く際に

 

 カードを持っていたほうがいいのか。

 

 また、どのようにカードを選べばいいのかを

 

 書いていきたいと思います。

 

 

 

f:id:TravelEnglish:20190216030416j:plain

 

1.クレジットカードとデビットカード

 まず、ここでいうカードには二種類あります。

 

 <1>クレジットカード
 

 クレジットカードは、簡単に言うと、

 

 お金を立て替えてくれる仕組みになっています。

 

 例えば、今月カードで3万円を使ったとしたら、

 

 来月の支払日に指定の口座から

 

 3万円が引き落としされるという事です。

 



 <2>デビットカード
 

 似たようなカードにデビットカードというものがあります。

 

 クレジットカードと何が違うかというと、

 

 決済が即引き落としになります。

 

 例えば、今日レストランで

 

 2000円の食事をデビットカード払いすると、

 

 お店でカード支払いした時に口座からも

 

 2000円が同時に引き落としされます。

 


 今回、海外旅行中のカードの有用性という形で、

 

 少し絞って話していきたいと思います。

 

2.カードを持つべき理由


 1.お金の管理がしやすい

 

 僕が一番にメリットを上げるとしたら

 

 お金の管理のしやすさです。

 

 よく、

 

 「クレジットカードを持ったら使いすぎてしまう」

 

 という方がいますが、

 

 それは全く逆で、携帯のアプリなどを使えば、

 

 今日何時何分にどこでいくら使ったかなどが確認できます。

 

 旅行中ついついお土産を買いすぎて、

 

 最後には小銭しかないという経験をした人も

 

 いるかと思います。

 

 そんな方でも、コンピューターが自動的に

 

 家計簿をつけてくれるので

 

 お金の管理は数倍楽になると思います。

 


 2.円から現地通貨に両替しなくて済む


 もちろん、入国した際には僕もある程度の金額は

 

 現地通貨に両替しておきます

 (東南アジアの屋台などではカードが使えないから)。

 

 しかし、いざ、通貨が少し足りない時などに

 

 カードがあれば支払うことができます。

 

 

 僕も実際、フィリピンにいた時、小さな島への旅行中、

 

 ギター工場にあった一つのウクレレに一目ぼれをして、

 

 買おうと思ったとき財布にあるお金では足りませんでした。

 

 近くにお金を下せるATMなどもなかったですし、

 

 その時にカードがなかったら一生買えなかったと思います。

 


 3.カード支払いのみの発券機などがある

 

 僕が先日オーストラリアのタラマリン空港からメルボルン市内へ行く時の事でした。

 

 バス乗り場へ行くと、チケットの発券機がありました。

 

 しかし、それはカード決済のみに対応していて、

 

 現金で支払いの場合はターミナル内に戻って購入という事でした。

 

 もしこの時にカードを持っていなかったら、難儀していたなと今でも思います。

 


 また、いくつかのホテルではデポジット(保証金)

 

 としてクレジットカードの提示を求めるところもあります。

 

 カードを持っていなかった場合は現金でも可能ですが、

 

 その際、多額の現金をホテル側に預けることになるので、

 

 チェックアウトした後に、

 

 使い道のないお金が多くの残ることがあります。
 

 このように海外ではカードを持っていることは当たり前になっています。

 

 海外へ行く際は、その風潮に乗り遅れないようにしましょう。

 

 

3.カードの選び方

 


 1.国際ブランドで選ぶ


 海外旅行中にクレジットカードを使いたいという方はまず、

 

 「国際ブランド」がどれかという事からカードを選んでほしいです。

 

 VISA,MASTER,JCBなどがそれにあたります。

 

 僕自身、上の三つに加えアメリカンエクスプレスのカードを持っています。


 率直に海外で使い勝手がいいのは、

 

 VISAMASTERです。

 

 JCBは海外では使えない店が多く、

 

 アメリカンエクスプレス

 

 主に高級店やホテルなどで使えることがありますが、

 

 庶民的なお店で使えることは少ないです。

 


 2.年会費で選ぶ


 カードを作る際、

 

 年会費初年度無料のキャンペーンをしているカードも多いですが、

 

 基本的に年会費がかかってきます。

 

 簡単に説明すると、年会費が高くなれば、ポイント還元率が高くなったり、

 

 色々なサービスがついてきたり、付加価値が高くなるというイメージです。

 

 基本的な建て替え機能はどのカードにもついているので、

 

 年会費が気になる方は、

 

 カードの特典を調べてから決められるといいと思います。


 また、学生限定カードの場合は、

 

 年会費が無料だったり、いろんな特典がついていたりするので、

 

 限定カード対象の方は内容をよく見てください。

 

 それぞれに合った、お得な特典がついていると思います。

 


 3.旅行保険で選ぶ
 

 多くのクレジットカードでは、

 

 旅行保険などの付帯保険がついてきます。

 

 海外旅行中に万が一盗難などの被害にあった場合も、

 

 制限額の中であれば、損害額を請求することができます。

 

 カードを持っているだけで、保険がきくので、

 

 安心して旅行もできると思います。


 毎回、旅行へ行くたびに、

 

 旅行代理店などが提供する「旅行保険」などにも加入しなくて済むので楽です。


 しかし、今回は短期間の旅行をする人へ勧めています。

 

 数か月留学する場合や、ビザ申請をする場合などは、

 

 旅行保険に加入しなければいけないこともあるので気を付けてください。

 

4.最近よく聞く「デビットカード」の使い方

 

 一般的に、デビットカードの売りは「即引き落とし機能」です。

 

 口座にある分しか、使えないので、

 

 使いすぎてします心配はなくなりますが、

 

 ポイント還元率(ポイントの貯まりやすさ)は低くなります。


 しかし、海外旅行でのデビットカードの使い方は少し違います。

 

 現地のATMなどで現地通貨を引き落とししたい時などに、大活躍です。


 空港などにある両替所は基本的に「日本円→ドル」などの通貨の両替です。

 

 しかし、国際ブランド対応のATMなどであれば、

 

 日本の口座から現地通貨に換えて引き出すことが可能です。

 

 時間もテマも省けるので、かなり有用性は高いと思います。


 また、クレジットカードのキャッシング機能を利用しても

 

 引き落としは可能ですが、

 

 その場合、お金の借り入れとなるので、

 

 それは避けたいという方はデビットカードも持たれたほうがいいと思います。

 

 

 

 

 海外での買い物などは基本的にクレジットカードを使うことをおススメします。

 

 お金を管理しやすくし、同時にポイントも貯まるとなれば、一石二鳥です。

 

 また、ブランドの違うカードをいくつか持つといいでしょう。

 

 例えば、VSIAは使えないけど、

 

 MASTERなら使えるといったお店も中にはあります。


 クレジットカードは信用あってのカードです。

 

 一度でも支払いの滞納など、管理を怠ってしまうと、

 

 あなたの信用度が落ち、

 

 ほかのカードを作ろうと思ったときに作れないということも起きます。

 

 大事なものなので、誰かに勧められたからではなく、

 

 しっかり自分で調べて、考えて、選んでください!