たびんちゅ式英会話~英語で旅をアップデートせよ!~

海外旅行をベースに日常英会話からビジネス英語まで、英語のスキルアップを目指していきます!

洋楽で英語向上!!

 

 

 普段から洋楽を聴く人も、音楽は邦楽!

 

 という人も、

 

 もし英語のモチベーションがなかなか上がらなかったり、

 

 もっと気楽に気軽に英語を勉強したいと思いませんか?
 

 

 洋楽ですべての英語を習得することは不可能ですが、

 

 洋楽には大きな波及効果があると思っています!

 

 洋楽から英会話の向上を一緒に目指していきましょう!

f:id:TravelEnglish:20190305220151j:plain

 

 

1.洋楽で英語学習

 

 英語の勉強と言っても、

 

 英単語、英文法、速読、スピーキングなど

 

 様々な分野があります。

 

 ではここで、

 

 洋楽に何を求めるかをはじめに定めておきたいと思います。

 

 

 洋楽英語勉強法の一番の目的は、

 

 環境を作るという事です。

 

 勉強というと退屈でつまらないイメージがどうしてもあるので、

 

 音楽のちからでそこを克服しようという事です。

 


 日常的に洋楽を聞くことによって、

 

 日本にいながらも常に英語と触れ合う機会を

 

 物理的に増やすという事です。

 


 スポーツも勉強もやはり

 

 コツコツ続けることが一番の上達の秘訣です。

 

 毎日机に向かうことは難しくても、

 

 毎日洋楽を聞くことはできますよね?

 

 

 そのように簡単なところから、

 

 環境を英語にもっていって、

 

 モチベーションをどんどん上げてくれる効果が洋楽にはあります。


 
 また、ここで洋楽を聞く際に意識してほしいポイントを3つ伝えます。

 

①文法は間違っている


 洋楽では、リズムなどを整えるために、

 

 歌詞をいじることがあります。

 

 なので、洋楽の歌詞は学校で習った

 

 完璧な文法で書かれているかというと、違います


 また、日常会話においても、ネイティブでさえ、

 

 文法を正しく使えてないことがあります。

 

 正しく使えてないというよりは、

 

 気にしていないというのが正解かもしれません。

 

 僕がアメリカに1か月滞在していた時も、

 

 何度か今の英文気になるなと思うことがありましたが、

 

 あまり気にしていない様子でした。



 例えば、The BEATLES の "Ticket to Ride" の歌詞を見てみましょう。

She’s got a ticket to ride.
She’s got a ticket to ride.
She’s got a ticket to ride.
She’s got a ticket to ride.
But she don’t care.

 
 ここで、正しくはShe dosen’t careだよな~


 と思った人はいたでしょうか?

 これもただ単に、

 

 語調を整えるだけでこうなっていると言われています。


 歌詞で文法がおかしくても気にしないでください!


②イメージでとらえる


 上でも言ったように、

 

 洋楽は英文法の勉強に適しているとは言えません。


 洋楽を聞くときにはその単語や表現から

 

 どんなイメージが湧くかを

 

 考えてみてください!

 

 

 今のは明るい感じだね、これは悲しい感じだな~と、

 

 なんとなくで結構なので、

 

 文章をイメージでとらえる練習をしてみてください。

 

 

travelenglish.hatenablog.jp

 


③単語などを調べてみる

f:id:TravelEnglish:20190223091952j:plain



 洋楽を聞き流すだけでの聞き取りはとても難しいと思います。

 

 その際、同時に英語の歌詞を見ながら聞いてみてください!


 そして、歌詞からイメージをする練習をした後は、

 

 分からなかった単語や表現をググってみてください。

 

 これで、一緒に語彙力も上がってきます。

 

travelenglish.hatenablog.jp

 


スラングやイディオムの習得


 洋楽では、曲をおしゃれにするためにいろんな表現が使われています。


 その中でも、洋楽は、スラングイディオムなどを

 

 学習できるいい教材になります。

 

 スラングは、日本でいう方言や現代語のようなもので、

 

 時代によって変わってきます

 

 また、イディオムというのは、

 

 日本でいう慣用句のようなもので、

 

 2~3単語が連なって、本来とは違う意味を表す表現技法の事です。

 

 例えば、"piece of cake”

 

 直訳すると、「ケーキの一部分」とありますが、

 

 これはイディオムで「とても簡単なこと」という意味で使われます。

 

 このようなイディオムは、日常会話の中でも使われますし、

 

 使うことができれば、とても便利です。

 

2.おススメのアーティスト

 

(1) ディズニー


 子供にも親しまれている、ディズニーの曲は聞きやすく、

 

 分かりやすい表現が多いので一番のおススメです。

 

 男性にはちょっと可愛げがありすぎるかもしれませんが...


(2) ビートルズ


 よく、洋楽での勉強教材として選ばれるのがこのグループ「The BEATLES」 です。


 聴きやすく、ロマンチックな曲も多いので、歌詞を目で追いながら、

 

 ついついうっとりしちゃいます。

 

 

(3) カーペンターズ


 こちらもBEATLES同様によく教材として取り上げられます。


 少し年代は古いですが、「Top of the world」などは

 

 だれもが聞いたことある曲だと思います。

 

 この曲は一番のおススメです。


(4) ワンダイレクション


 このグループは、完全に個人的なおススメです!


 自分がちょうど中学校の頃にはやったグループだったので、

 

 いろんな曲を知っていした。

 

 バラードからロック調な曲まであるので、

 

 気分に合わせて曲を選べる楽しさもあります。

 

3.おわりに

f:id:TravelEnglish:20190305220242j:plain

 

 以上のように、おススメのアーティストもいくつかあげましたが、

 

 もし、今よく聞いているアーティストがいるのであれば、

 

 今以上に一日の中で聴く時間を増やしていってください!

 

 

 忘れてほしくないのが、洋楽学習の一番の目的は、

 

 日常生活で英語の触れ合う時間を増やすという事です。

 

 そしてそれを結果的に、

 

 いろんな学習のモチベーションにつなげていくことに目的があります。

 


 あまりにロックすぎる曲やクラブミュージックなどはお勧めしませんが、

 

 好みの曲やアーティストを見つけて、できるだけ多く聞いてみて下さい!
 

 

 常に英語に囲まれる生活を今日から作っていきましょう!

 

 また、【今月限定】

 個別のラインにて無料で皆さんの

英語学習海外についての相談に乗っています。

 

  今すぐ無料で参加する

 

友だち追加