たびんちゅ式英会話~英語で旅をアップデートせよ!~

海外旅行をベースに日常英会話からビジネス英語まで、英語のスキルアップを目指していきます!

一人でやる英会話

 

 英語学習は継続することが一番大事です。

 

 日本語はもちろんですが毎日使います。

 

 なので子供たちの日本語習得のスピードは

 

 物凄いです。

 

 留学などの機会があれば、

 

 日本人学生と一緒にいない限りは

 

 基本英語で生活をすることになります。

 

 

 ご存知の通り、これが、

 

 海外に出たら英語を話せるようになるスピードが

 

 速い理由です。

 

 

 しかし、ここでの目標は海外旅行中に

 

 コミュニケーションが取れる程度です。

 

 そのために、語学研修で海外に行ったりしては、

 

 時間もお金ももったいないです。

 

 しかし、自分もそうでしたが

 

 周りで日常的に英語を使って

 

 会話をしてくれる人なんていませんし、

 

 英会話スクールなどは

 

 学生にとってはもちろん、

 

 金銭的に厳しいですよね。

 

 

 そこで、僕が考えた勉強法は、

 

 「独り英会話」です。

 

f:id:TravelEnglish:20190320232321j:plain

 

 話してくれる人がいなければ、

 

 自分が一人二役すれば

 

 いいじゃないかとなったのです。

 

 

 僕の場合、学校への通学も車だったり、

 

 ひとりで誰にも見られない空間が

 

 確保されていたので、よくやっていました。

 

 

 相手がいないから

 

 何話していいかわからない人があれば、

 

 自己紹介から始めてもいいと思います。

 

 もしこれから、

 

 海外の人の前で英語を使った自己紹介を

 

 しなければいけないという事にして、

 

 その時自分ならどんなことをいうかと

 

 考えてみてください。

 

 

 例えば、どこの学校に行っているのか、

 

 仕事もしくはバイトは何をしているのか、

 

 休みの日は何をしているか、

 

 好きなスポーツは何かなどです。

 

 そして、少しずつ自分の口から

 

 英語が出てくるようになったら、

 

 自分の趣味や好きなアーティスト、

 

 政治や地元の話でも

 

 何か自分が熱く語れる分野について

 

 英語で口に出してみてください。

 

 

 学校で与えられる本意ではないものではなく、

 

 自分の好きなモノ、興味のあることを

 

 どのように引き出せられるかを考えながら、

 

 同時に

 

「これは英語でなんて言ったらいいかな?」

 

 と考えてみてください。

 

 

 この時は独り言なので誰にも見られていません。

 

 なので当たり前ですが、

 

 文法や発音を間違えたからって

 

 気にする人はいないですよね。

 

 

 日本語では分かっているけど、

 

 英語でなんて言うかわからないという

 

 単語が出てきたとしても、

 

 どうにかかみ砕いて

 

 伝えるよう努力してみてください。

 

 この、言葉をかみ砕くという能力

 

 これからも必要なすきるになっていくるので

 

 今のうちから練習していきましょう。

 

 

 例えば僕は、

 

 独り言英会話を実践しているのは基本的に車の中です。

 

 僕がいつもどのような独り言をつぶやいているかというと、

 

 

Q. これからどこに行くのか?

 

 

 この質問に対して、

 

 相手の突込みは無くてもどんどん話を膨らましていきます。

 

 

Q.これからどこに行くの?

 

A. I’m going to go to my collage.

(大学に行く)

Q.

What are you doing in your school?

(大学で何をしているのか)

Are you doing some club activities in there?

(サークルなどは何をしているのか)

What are you planning after you graduate?

(卒業した後はどうするのか)

 

 

 

A. I’m going to hang out with my friend.

(友達と遊びに行く)

Q.

What will you guys do?

(何をして遊ぶのか)

How long have you guys been friends?

(いつからの友達なのか)

Do you have any events with him/her?

(その友達との思い出は)

 

 

 

 このような感じで

 

 どんどん話を膨らましていってください。

 

 

travelenglish.hatenablog.jp

 

 

travelenglish.hatenablog.jp

 

 

 独り言英会話には大きなメリットが2つあります。

 

 

 一つ目は、先ほども言いましたが英語学習に

 

 一番大事な英語の習慣化を達成できることです。

 

 どの学習においてもこれは当てはまりますが、

 

 やはり継続できることが一番のコツです。

 

 以前に、洋楽や洋画での英語学習法も紹介しましたが、

 

 その中でも一番手軽で身近な学習方法だと思います。

 

 

 そして二つ目のメリットは、

 

 どんなに間違ってもオッケーという事です。

 

 日本人は、英語をしゃべる際に

 

 どうしても完璧に話そうとしてしまいます。

 

 これはシャイな国民性もありますが、

 

 一番は学校教育にあります。

 

 

 授業中に英語で発言する機会が全くなく、

 

 完璧なネイティブの会話を教科書で読むので、

 

 そうなってしまうのはしょうがないと思います。

 

 

 なので、どんなに間違ってもいいから

 

 思いっきり英語をしゃべってみてと言われても、

 

 その場に大勢の人がいたりするとキツイですよね。

 

 

 一人ならこの問題は解消です。

 

 

 また、実際のところ英語を話すために

 

 何も完璧である必要はありません。

 

 僕がフィリピンに留学中、

 

 同じ時期に入学をした、

 

 サウジアラビア出身の友達がいました。

 

 彼は英語のレベル的に自分よりもだいぶ下で、

 

 正直中学生もいっていないくらいのレベルでした。

 

 

 しかし、彼はどんなにグチャグチャナ文法でも

 

 私や先生たちに毎日話しかけていました。

 

 すると、数か月たった後には、

 

 決して流暢とは言えなくても、

 

 みんなと英語を使って

 

 コミュニケーションが取れるようになっていました。

 

 

 この経験から、

 

 やはりまずは恥ずかしがらず口から英語を

 

 どんどん出していく大切さを学びました。

 

travelenglish.hatenablog.jp

 

 もし、私はシャイだからというならば、

 

 ひとりの時間に自分に対して

 

 英語をしゃべってみてください。

 

 どんどん英語が身近なものになってきます。

 

 

 この学習法には、教材も先生もいりません。

 

 あまりうまく言えなかったなと思えば、

 

 気になるワードをググって、

 

 英語でどういうか考えてまた次にトライしてみてください。

 

 この、

 

 「考える→声に出す→足りないところを調べる」

 

 というサイクルで

 

 どんどん英語が口から出るようになってきます。

 

 まずは自分自身に「How are you?」

 

 という質問から始めてみましょう。

 

 また、【今月限定】

 個別のラインにて無料で皆さんの

英語学習海外についての相談に乗っています。

 

  今すぐ無料で参加する

 

友だち追加

f:id:TravelEnglish:20190421094509j:plain