たびんちゅ式英会話~英語で旅をアップデートせよ!~

海外旅行をベースに日常英会話からビジネス英語まで、英語のスキルアップを目指していきます!

英語基本5文型

 なぜ今さら文型を学ぶのか?

 

 皆さんは、英文法と聞くとどんな

 

 イメージが思い浮かぶでしょうか?

 

 中学や高校では基本5文型など

 

 文法を一から学んできたと思います。

 

 しかし、ネイティブの人たちは

 

 英語を感覚的に使っているので、

 

 実際に会話している際には文型など全く気にしていません。

 

 

 ですが、日本人が英語を勉強する際は、

 

 音より文字から入る方が多いと思います。

 

 なので、文型をすこしでも理解できていれば、

 

 英語をしゃべる際に少しはスムーズになるかなと思います。

 

 なので今回はこれまでやってきた基本5文型というものを

 

 軽く復習していきたいと思います。

 

 決して深堀はしないので、

 

 とても簡単に思う方もいるかもしれません。

 

 しかし、実際、文法のへの理解はそれくらいでオッケー

 

 という事なので、

 

 簡単に感じる方はどんどん進んでいきましょう。

 

 

f:id:TravelEnglish:20190322005635j:plain

 

 ここで、文型に入る前に

 

 英語での主語、述語などの表し方を説明しておきたいと思います。

 

 

S=主語、V=動詞

C=補語、O=目的語

 

 第1文型

第1文型は、「S+V」です。

 

 

He runs.

(彼は、走る)

 

 第1文型は、一番基本的な文型です。

 

 動詞の中でもそれだけで意味が成立する自動詞と言われる動詞が入ります。言い換えると、主語と動詞のみで文が完結している文型の事を言います。

 

 run 以外の自動詞は、go、come、stay、walk、などがあります。

 

 第2文型

第2文型は、「S+V+C」 です。

 

He is a doctor.

(彼は、医者です)

 

 

 第2文型の場合は、主語だけでは分が成り立たないので、補語(C)を付け加えます。「He is …」で終わってしまうと、「彼は、、、誰?」とクエスチョンが出てきますよね。

 

 そして、この文型では、S=Cの関係が成り立ちます。

 

 この文型では動詞と挟んで右と左がイコールの関係になるので、「be動詞」が基本的には使われますが、feel、look、become、turn、などもあります。

 

 第3文型

第3文型は、「S+V+O」です。

 

He plays volleyball.

(彼は、バレーボールをします)

 

 こちらも、第2文型と同じように、「He plays…」で終わってしまうと、「何を?」とクエスチョンが残ってしまうので、そちらを補いましょう。

 

第4文型

第4文型は、「S+V+O+O」です。

 

He gave me a present.

(彼は、私にプレゼントをあげた)

 

 第4文型からはよくつまづく人が多いので、少しだけ細かく説明したいと思います。

 第4文型で主に使う動詞には、対象が含まれます。つまり、その動作に対しての方向が示されるという事です。

 

 S+V+(人)+(モノ/こと)

 

 という語順になります。例文で言えば、「あげる」という動作対象が「私」であり、私に何が与えられるかというと「プレゼント」という風になります。

 

 また、この文は順番を変えることが可能です。下の場合だと、「私に!!」という少し主張の強めな印象になります。

 

He gave a present to me.

 

 

gave以外にも、第4文型にはいろいろな動詞が出てきます。

tell,ask,pass,get,buy、、、などがあります。

 

 第5文型

第5文型は、「S+V+O+C」 です。

 

He makes me happy.

(彼は私を幸せにする)

 

第5文型でもつまづく方が多いですが、「O=C」 の関係さえ覚えておけば大丈夫です!

 第5文型では、使役動詞「~が~させる」がよくつかわれます。

 例えば、

 

You got me angry.

(あなたは私を怒らせた)

 

Let me know.

(私に伝えて)

 

 

 英語の文型を学んでスムーズな英会話

 

 赤ちゃんは日常生活から感覚的に語学を習得します。

 

 しかし、同じやり方では絶対に私たちは無理です。なので、私たちのこれまでの学習スタイルにあった、やりやすいほうから始めてもいいと思います。

 

 文字から英語を学ぶことが多かった日本人なので、まずは文面で理解していきましょう。

 

 しかし、その時も理解は大体で結構です。

 

 細かく詳しくやりすぎると、事由がきかなくなってい来るので、ある程度適当な感じで進めていってください!

 また、【今月限定】

 個別のラインにて無料で皆さんの

英語学習海外についての相談に乗っています。

 

  今すぐ無料で参加する

 

友だち追加

 

f:id:TravelEnglish:20190421151941j:plain