たびんちゅ式英会話~英語で旅をアップデートせよ!~

海外旅行をベースに日常英会話からビジネス英語まで、英語のスキルアップを目指していきます!

日本人が大苦戦 ”RとLの発音の違い”

 

 みなさんは、

 Rの発音にこれまで悩まされてきませんでしたか?

 

f:id:TravelEnglish:20190322192624j:plain

 

 今日でその悩みも解決です。

 

 心配しないでください。

 

 この二つのアルファベットの発音で

 

 苦戦している日本人はたくさんいます。

 

 実際に自分自身も英語学習を始めたときは、

 

 自分の英語の発音のおかしさに気付けず、

 

 相手も英語教師にも聞き取ってもらえないという事がありました。

 

 もともと日本語にはない発音なので苦戦するのも当然です。

 

 しかし、この二つをしっかり発音できないと困ることが

 

 たくさんあるのでここでしっかり練習をしておきましょう。

 

 

 

RとLの発音の違い

 

 この二つのアルファベットで

 

 一番意識するポイントは舌の動かし方です。

 

 最初は普段動かさない口の筋肉を動かすので

 

 最初は大変かもしれませんが、慣れます。

 

1-1.Rの発音

 

の発音をするときは、

 

舌を口の奥に引き込む感じで発音します。

 

1-2.Lの発音

 

の発音をするときは、

 

 舌の先を上の前歯にあてる感じで発音します。

 

 よく、日本語の「ル」と同じ発音をする人がいますか、

 

 その時よりももっと、

 

 舌先を出すイメージで発音するとLの発音に近づきます。

 

 

travelenglish.hatenablog.jp

 

2.RとLの発音を間違えると…

 

 例えば、代表的なものでいうと

 

 「Right」「Light」があります。

 

 どちらの英語もカタカナで表すと「ライト」になります。

 

 なので、どうしても発音が同じになってしまいます。

 

 しかし、意味は全く違うので要注意です。

 

 ほかにも注意の必要な単語をいくつかあげておきます。

 

f:id:TravelEnglish:20190322192229p:plain

3.発音練習

 

 発音の仕方はわかっても、

 

 誰かにチェックしてもらわないとちゃんと発音できているのか、

 

 よくわからないですよね。

 

 身近にネイティブスピーカーがいれば、

 

 簡単にチェックできて、色々教えてくれるかもしれませんが、

 

 ほとんどの人がそうでないと思います。

 

 

 その場合便利なのが、動画撮影です。

 

 

 自分の発音を客観的にみることができるので、

 

 確認しやすいです。

 

 僕もよくこの方法で自分の発音を矯正していましたが、

 

 最近はもっといい方法を見つけました。それは「人工知能」に頼った発音矯正です。

 

 

 人工知能と言っても、僕が持っているiPhone

 

 「Siri機能」を使ったものです。

 

 最近は「World」 の発音を練習していて、

 

 よく「Wallet」と出てきてしまいます。

 

 RLの二つが入っているのでなかなか苦戦中です。

 

 Siri以外でも発音矯正アプリなどもあるので、

 

 ぜひ自分の発音をチェックしてみてください!

また、【今月限定】

 

個別のラインにて無料で皆さんの

英語学習海外についての相談に乗っています。

 

今すぐ無料で参加する

 

友だち追加

f:id:TravelEnglish:20190421094509j:plain