たびんちゅ式英会話~英語で旅をアップデートせよ!~

海外旅行をベースに日常英会話からビジネス英語まで、英語のスキルアップを目指していきます!

英会話が上がる資格試験は?

 

 皆さんはこれまでに

 英検TOEICなどの英語試験を

 受けたことはありますか?

 

f:id:TravelEnglish:20190323201351j:plain

 

 紙ベースで行う英語試験は

 

 英会話とあまり関係ないと

 

 思われるかもしれませんが、

 

 このような試験も喋る英語に繋がってきます。

 

 英会話は基本的にアウトプット型ですが、

 

 資格取得のための英語学習は

 

 100%インプット型です。

 

 英語を話すうえで、

 

 分からない単語が出てきても、

 

 自分の知っている範囲の英語力で

 

 意思を伝えることはできます。

 

 しかし、多くの単語を知っていて損はありません。

 

 

 また、資格試験では単語以外にも

 

 多くの英語表現を同時に学べますし、

 

 聞く力や読む力も鍛えることできます。

 

 

 なので、総合的な英語力の向上が期待できます。

 

 

 今回、日本でも受験者の多い英語試験3つ

 

 徹底分析していきたいと思います。

 

 

 この3つの試験について解説しているネットページは

 

 たくさんありますが、

 

 ほとんどが就学や就職、

 

 または昇進のための資格取得が目標とされています。

 

 

 しかし、ここでは、

 

 英語資格英会話

 

 どのように繋がってくるか

 

 を考えながら、

 

 資格取得のモチベーションへ持っていきたいと思います。

 

 

 1.資格試験とは

 

f:id:TravelEnglish:20190323201328j:plain

 

 就職の先へ出す履歴書に書くため、

 

 英語圏の大学の進学のためなど、

 

 英語試験にはそれぞれの目標、目的があります。

 

 自分の目指したい英語力と試験内容を比較しながら、

 

 自分に合った資格試験を探っていきましょう。

 

 

1-1.英検(実用英語技能検定

 

 まずは、日本人にも一番なじみのある、

 

 「英検」です。

 

 試験は一次と二次に分かれ、

 

 一次試験では筆記試験とリスニングが行われます。

 

 1級や準1級などのレベルでなければ、

 

 試験内容は

 

 基本的な日常会話からの出題がほとんどです。

 

 日常会話の空欄補充問題や、会話文の読解問題などです。

 

・受験料:5級:2,500円、4級:2,600円、3級:3,800円、準2級:5,200円、2級:5,800円、準1級:6,900円、1級8,400円

・試験会場:全国各地

・試験日:年3回(一次試験は通常6月、10月、1月)

 

 

 受験料は比較的安く、会場も認知度が高いため、

 

 全国各地で開催されているので

 

 受験しやすい試験だと思います。

 

 

1-2.TOEIC

 

 TOEICは日本だけでなく、

 

 韓国台湾などでも広く受けられています。

 

 英検とは違い、ビジネス英会話に重点が置かれており、

 

 高いスコアを出すと

 

 就職にとても有利だと言われています。

 

 

 僕自身、大学に入って毎年TOEICは受験してます。

 

 

 確かにビジネス関連の英語が多いですが、

 

 日常的な英会話からの出題も多いです。

 

 例えば、近年では、

 

 ラインのようなSNSでのテキスト会話

 

 からの出題なども増えてきています。

 

・受験料:5,725円

・試験会場:全国約80都市

・試験日:年10回

 

 

 

1-3.TOEFL

 

 TOEFLは英検やTOEICと違い、

 

 英語圏の大学や大学院へ進学する際の

 

 判断基準になる試験です。

 

 

 北米の多くの大学は、

 

 TOEFLを入学試験に課しています。

 

 僕も大学の授業の一環で一時期勉強をしていましたが、

 

 試験の内容はアカデミック的なもので、

 

 科学や環境問題のようなものが多く、

 

 難易度はやや高めに感じました。

 

 

 また、留学先の学校で日常的に使うような単語

 

 なども多く出てきました。

 

・受験料:235USドル

・試験会場:全国各地

・試験日:年間30~40回 ※主に土日

 

  

 ほかの試験と比べ、

 

 受験料がとても高くなっているので、

 

 試験を受けるほとんどの人は

 

 留学先から課せられていることが多いです。

 

 

2.英会話のための資格試験

 

 英会話のボキャブラリー(語彙力)をあげるために

 

 僕がおススメする資格試験は

 

 

TOEICです。

 

 

 もちろん、英検やTOEFLなどのテストも

 

 英語力の向上には繋がりますが、

 

 アカデミックなモノが多いと感じるため、

 

 日常英会話とは少し違うかなと思います。

 

 

 TOEICリスニングリーディングに分かれており

 

 それぞれ100問あります。

 

 

 リスニングは、

 

 Part1からPart4に分かれており、

 

 Part2とPart3では、二人の会話からの出題です。

 

 問題数も多いため、

 

 多くの会話パターンを勉強することができます。

 

 

~Part2の出題例~

 

How long will the meeting take?

(会議はどれくらいかかりますか?)

 

(1)  I’m sure it’ll be interesting.

(きっと面白くなるでしょう。)

(2) We expected it a few days ago.

(数日前だと思っていました。)

(3) No more than 90 minutes.

(90分はかかりません。)

 

 

 皆さんは正解が分かりましたか?

 

 

 正解は「C」です。

 

 The meeting などの「会議」という単語自体は

 ビジネス的な要素がありますが、

 その単語さえ入れ替えてしまえば、

 日常的にも使える英語表現になります。

 

 

 例えば、

 

A: How long will the movie take?

(その映画はどれくらいかかりますか?)

B: No more than 2 hours.

(2時間はかかりません。)

 

 このように、単語を入れ替えるだけで、

 いろんな使い方ができます。

 

 

travelenglish.hatenablog.jp

 

3.【資格試験】勉強するメリット

 

 基本的に資格試験の取得は、

 

 「就職に有利!」

 

 などと言われることがほとんどですが、

 

 僕はそれ以外のメリットがたくさんあると思います。

 

3-1.自分のレベルが分かる

 

 どれだけインプット型の学習をしても

 

 それを発揮する場がなければ、

 

 自分の実力がどれくらいなのかを知ることができません。

 

 TOEICは特に、合格・不合格という形ではなく、

 

 全受験者が同じ試験を受け、

 

 5点から990点の間で点数が評価されるので、

 

 自分がどのポジションにいるのかが明確に分かります。

 

3-2.モチベーションに繋がる

 

 「英語を喋りたいから英語を勉強しよう!」

 

 と、思っても、

 

 どこから始めていいかよく分からない人が多いと思います。

 

 資格試験という目標があれば、

 

 どこから勉強していいかも分かりやすいですし、

 

 自分の目標点数を設定することで、

 

 勉強のモチベーションをあげることができます。

 

 

3-3.英語力の証明ができる

 

 「英語圏に半年留学していました」と言われても、

 

 その人の英語力は推測はできますが、

 

 よく分からないのが事実です。

 

 それよりも「TOEIC800点取ってます」と言われるほうが、

 

 目に見えて分かりやすいです。

 

 

 TOEICで900点を取ってても、

 

 TOEICはリスニングとリーディング中心のテストなので、

 

 喋れない人がいるのも事実です。

 

 

 しかし、このような試験のスコアがあると、

 

 相手に「この人は英語ができるんだな」

 

 分かってもらいやすいです。

 

 なので、資格試験を勉強するだけでも

 

 十分自分の力にはなりますが、

 

 受験料もTOEICの場合は他と比べて高くないので、

 

 ぜひ挑戦してほしいです。

 

4.最後に

 

 資格試験は持っておくと、確かに就職や昇進に有利ですが、

 

 「800点が絶対に必要!!」などと思って勉強すると、

 

 ストレスになってもしかしたら英語が嫌いになるかもしれません。

 

 なので、日々自分の英語力を確認する指標として

 

 試験を利用することをおススメします。

 

 この記事を読まれている皆さんのほとんどが、

 

 英語を喋ることが一番の目的だと思うので、

 

 テストではなく教材程度に思ってください。

 

 英語をインプットすることは大事です。

 

 しかし、それにハマってしまっては、

 

 目標が「英会話」で無くなってしまいます。

 

 インプットをしつつ、

 

 学んだことを実際に自分の口から出すきっかけも

 

 しっかり作っていきましょう!

 

 

また、【今月限定】

個別のラインにて無料で皆さんの

英語学習海外についての相談に乗っています。

 

今すぐ無料で参加する

 

友だち追加

f:id:TravelEnglish:20190421094509j:plain