たびんちゅ式英会話~英語で旅をアップデートせよ!~

海外旅行をベースに日常英会話からビジネス英語まで、英語のスキルアップを目指していきます!

まじめな日本人、『ふまじめ』ドイツ人?

f:id:TravelEnglish:20190407185102j:plain

レーマー広場@ドイツ、フランクフルト


 

 よく、ドイツについてまとめているサイトなどで

 

 「日本人とドイツ人はよく似ている」

 

 というフレーズを見ます。

 

 

 僕は先月5日間ドイツのフランクフルトに行ってきました。

 

 現地では、ドイツで留学中の友達とも合流して、

 

 観光などしました。

 

 

 そんなドイツの前評判を聞いてから、

 

 自分自身感じたことと、現地留学中の友達から

 

 聞いた話をまとめてみました。

 

 

 もし、これから、ドイツへの留学や

 

 旅行を考えている方がいれば

 

 少しは参考になると思います。

 

 

 

 

ドイツ人と日本人は似ている?

 

携帯ショップで...

 

f:id:TravelEnglish:20190407185849j:plain

 

 旅行へ行く前に目にしたサイトでは、

 

 ドイツ人は日本人のように勤勉で

 

 真面目な国民性だと話していました。

 

 

 

 しかし、僕はそう感じませんでした。

 

 

 北京から約10時間のフライトを経て

 

 フランクフルトに到着後、

 

 僕はSIMカードを交換しに携帯ショップへ。

 

 

 そこの店員さんは、他のお客さんと喋りながら

 

 僕の接客をしていました。

 

 

 しまいには、交換して取り出した日本のSIMカード

 

 他の書類と捨ててしまおうとしたので、

 

 焦って、「HEY!!」と言いました。笑

 

 

 日本だったらありえないかもしれませんが、

 

 海外だったこともあり、笑顔で終わらしました。

 

 そして、店員は爆笑していました。(おいっ!!)

 

 

留学中の友達によると...

 

f:id:TravelEnglish:20190407190051j:plain

フランクフルト・メインステーション

 

 ドイツのケルンという町の大学に留学中の友達に聞いても、

 

 現地にきて、思ってたよりも

 

 ドイツ人は真面目と思えなかったそうで、

 

 作業も遅いし、

 

 電車やバスの10分、20分の遅れはザラだそうです。

 

 

 まあ、日本の電車やバスの定刻運航は

 

 海外から見たら異常かもしれません。笑

 

 

 

過ごしやすい人間関係

 

f:id:TravelEnglish:20190407190708j:plain

 

 

 先ほども出てきたドイツ留学中の友達によると、

 

 ドイツ人はとにかく外国人に寛容だそうです。

 

 

 

 例えば、日本だと、

 

 

 肌の白い人や黒い人、違った容姿の外国人を

 

 これでもかというくらい見る人が多いですよね。

 

 

 また、僕自身、「外人」という言葉に違和感を感じます。

 

 

 そんな日本と違って、移民や難民の受け入れ

 

 世界の中でも多い、ドイツは、

 

 肌の色や文化の違いにもとても理解があり

 

 寛容だそうです。

 

 

 僕自身、アジア人という理由で

 

 オーストラリアに行った際には、通りすがりの人に

 

 「FUCK」と言われたこともあります。

 

 

 しかし、ドイツでは全くそんなことがなく

 

 日本人だけでなく他の国の人にも

 

 とてもやさしかったイメージがありました。

 

 

 

日本と違う『働き方』

 

f:id:TravelEnglish:20190407191003j:plain

 

 

 最後にもう一つ、

 

 日本と違っているなと思ったことは、

 

 夜8時以降の街の雰囲気です。

 

 

 店舗が軒を連ねるストリートでも、

 

 夜の8時を過ぎると、

 

 ほとんどの店が閉まっていました。

 

 

 残業などをすることもあまりなく、

 

 日本のように働きすぎる文化は無い様子でした。

 

 

 現地の無印良品で働く日本人の友達は、

 

 ドイツで働けてとても楽しいと笑顔で語っていました。

 

 

 日本で働く友達と会った時も、

 

 ほとんどの人が会社や上司の愚痴を言ったり、

 

 自分の仕事を楽しんでない人が多いと言っていました。

 

 

 そんな友達より、給料は低い彼女でも

 

 他の人より自分は幸せだと、自信をもっていました。

 

 

 

 

最後に

 

 

 皆さんの想像するドイツはどんな国ですか?

 

 

 正直なところ、

 

 

 僕の言っていることは信じなくて結構です。

 

 

 もちろんドイツのイメージも

 

 地域によって違いますし。

 

 人柄も様々です。

 

 

 僕の抱いたイメージはこんな感じですが、

 

 皆さんも実際に足を運んで、

 

 ドイツという国を感じてください!

 

 

 海外へ行くと、日本のいいところや悪いところ、

 

 いろんなモノを感じることができます。

 

 

travelenglish.hatenablog.jp

 

 

 あなたのスマホから得られる情報は、

 

 数えきれないほどあります。

 

 

 信じられるのは、あなたの目です。感覚です。

 

 

 皆さん、ドイツに行きましょう!!

 

 

p.s. 記事に掲載してある写真は、すべて僕がフランクフルトで撮影しました。

 

f:id:TravelEnglish:20190407191200j:plain

 

 

 

travelenglish.hatenablog.jp

 

travelenglish.hatenablog.jp